目的意識を噛み締めて臨む事

まず、面接に臨むにあたり、目的を明確にして面接室に入りましょう。
退職した理由があり、それをこの会社で実現したい筈なんです。
つまり、自分の想定している理想形があって、それを実現しようとしている訳です。

ですから、この目的を実現するという強い気持ちで臨まなければいけません。
しかし、職を得たいという動機だけが先にたつと、応募した会社(以後会社と記載)の意に反しない様に発言しようとしてしまい、考え方が違う質問があったとしても、あなたの意に反して合わそうとしてしまうのです。
その結果面接で失敗し、見事に落ちてしまうのです。

でもこれで良いのです。意にそぐわなかったのですから。

もし、意にそぐわない質問に合わせること無く、自らの意見で反論できたとします。
そうするとあなた自身の言葉で話せるので緊張せずに話せます。
結果会社と考え方が違う事が明確になるのでやはり落ちたとします。

同じ落選でも後者の方がすっきりします。

自分を曲げない

言いたい事を言えたから。あなたの理想形を言えたから。
しかし逆に、きちんと自分の意見を言う人間だと評価されて合格するかもしれません。
万が一採用されていたらどうなのか。あなたの理想と違う仕事をさせられたかもしれない。
一方、すぐれた人材という事で重用されるかもしれない。それは分かりません。

ですが、面接では自分を曲げないという覚悟を持って臨むべきなのです。
あなたは理想を求めて転職しているのです。それが目的です。
理想に合わない会社に転職しようとしているのでは無いのです。

理想に合わなくても仕方が無いと思っているなら別ですが、
そうで無いなら理想に合わない会社に合わせる必要はありません。
前の会社の二の舞になってしまいます。
この事が、転職面接での成功の鍵なのです。

過去と現在を語る

履歴書で表現したい5つのポイントで述べたのは以下の事項です。

1) あなたの全てを見せる
2) あなたの経験を見せる
3) あなたの技術を見せる
4) あなたの独自性を見せる
5) あなたのやる気を見せる

つまりあなたの過去と現在を見せる事です。
過去と現在までの実績を示す事で、未来に何ができるのか予測させるのです。
すでに、履歴書を記載した時点でシナリオ設定している事なので、ここでそれを発揮するのです。

未来を語る

過去と現在を語ったら、次には入社後の未来を語る事です。
あなたが採用されたら会社でどんな仕事を希望し、どんなメリットをもたらすことができるのかを示す事です。
あなたの自信を示す場という事です。

まとめ

面接は再就職活動の最大の山場です。ですから手を抜けません。
周到なシナリオ設定をして、目的を整理して臨みましょう。
目的は職を得る事と思わない事です。理想の会社に入社する事です。
あくまでも理想の追求という姿勢で臨む事が成功の近道です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職の面接で年収交渉はしても良いのか?

転職のときに気になるのが年収。 いくら職場環境が良くても仕事に見合った報酬がなければモチベーションも上がらないでしょう。 ここでは面接の際、年収交渉は可能か検証していきます。 自分のスキルや能力によって年収アップを勝ち取ることも可能です。

転職さん / 5629 view

採用側の事情も知っておこう

市場が売り手の場合は、応募者から見ると引く手あまたの状況です。このような時こそ、企業が人を採用する際の実力がはっきりと表れます。

現転職エージェントの為になる話 / 80786 view

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 10376 view

関連するキーワード

jobdesk

国内外営業、海外事業企画、SR運営、採用担当等、様々な職種を経験済みのおじさんです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ