1.自分の希望する条件を明確にする

まず、何より大切なのは、何を求めて転職活動をするのか、ということです。これはその後履歴書や職務経歴書を作成する際の書き方にも影響しますし、転職エージェントに会う際も、転職サイトに登録する際も、何をする時も必要な軸になります。

『○○な分野の○○の部分がしたい』など必ずしも仕事の面ではなくても良いのです。収入をいくら上げたい、休みが取りやすい環境へ行きたいなど、何でも良いので、自分が求める条件を最低3つは挙げていって下さい。おすすめは紙に書き出すことです。そして、その条件をより具体化、明確化することが何より重要です。

2.履歴書、職務経歴書の作成

次にこれまでのキャリアの洗い出しです。WEB検索で『職務経歴書』と検索すると多くの職種別のサンプルがあるのでそれらを参考にして作成してください。

この職務経歴書、履歴書の作成する際のポイントは『繋がり』です。今後何社もの面接へ行っても必ず聞かれるのは、『なぜ○○をこの際にしたのですか?』という質問です。なぜこの仕事を選んだのか、なぜこの会社を選んだのか、なぜここだったのか、これは私が何十社もの企業へ実際に面接へ行って必ずと言っていいほど聞かれた質問です。これまでの経歴は必ずしも一本筋が通ったものではないかもしれません。それは仕方がありません。しかし、無理やりにでも、綺麗な一本になるように、線を作って行ってください。そしてその一本筋のゴールが1で考えた希望する条件のゴールとなるように描いて下さい。

3.転職サイト、転職エージェントに登録する

ここまで来たら後は、行動あるのみです。就業中に転職活動をする場合は大変だとは思いますが、なるべく在職中に活動を行う方が印象が良いでしょう。私は転職サイトとエージェント数社へ登録しました。この際、あまりたくさん登録すると混乱するもとなので、各々2,3社程度がおすすめです。そして、転職サイトで応募する際は、必ずその企業の求めているものを把握し、職務経歴書をそれに合わせて多少修正することや、意気込みを添えて応募することが必須でしょう。

また、転職エージェントを利用する際は、先方も本当にあなたが転職市場で求められている人であるか、という所を厳しくチェックしています。また、エージェントの担当者の方と良い関係を築くことで、早く求人を紹介して頂ける事や、あなたに相応しい仕事を見つけてくれることが多いです。そのためにも、実際にエージェント担当者に会う際は良い印象を与えるような、またこの転職に求めるものや意気込みなどをしっかりと伝えましょう。

私が登録した転職サイト

私が登録した転職エージェント

4.スケジュール管理をする

転職活動にはエネルギーが必要です。そのためにもだらだらと活動していては、モチベーションもどんどん下がってしまいます。いつまでに転職をしたいかを考え、行動していきましょう。書類選考で落ちることもありますが、落ちた企業へいつまでもこだわるのではなく、受かった企業へエネルギーを向けましょう。そして、業務の調整や、面接のための休暇取得、残業を減らす、飲み会の上手な断りかたを身に着け、面接へ挑みましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

忙しい中で転職活動の時間が取れないという人に

転職活動をしたいが時間がない!毎日早朝から終電まで、休日出勤だってあるのにどうやって転職活動をしたらいいんだ…と悩む人は多いですよね。スキマ時間を賢く利用して、転職活動を進めてください。

ママエージェント / 1038 view

転職サイトと転職エージェントってどう違うの?

再就職先を探すにはどうしたら良いのでしょうか。WEBで検索するのが一番簡単です。その中でも登録必須な転職サイトと転職エージェントについてご紹介致します。

jobdesk / 14001 view

失敗しない会社選びのための、抑えておきたいチェック項目5つ

転職したのはいいけれど、いざ働き始めたら思っていたのと違っていた・・・では、話にならない。転職に成功した人と失敗した人は何が違うのだろうか?それは、「転職先を選ぶときにどれだけ転職先の調査をしたか」これに尽きる。 会社選びの際に、必ず確認すべき項目5つを紹介しよう。

Mr.転職エージェント / 969 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ