30代の転職者は全体の36%

「転職は若いうちにしか実現できないもの」という印象があるかもしれませんね。
ただ、大手転職業界「リクルートエージェント」の調査では、転職の年齢別割合を見てみると30代だけでも36%を占めていて、20代後半に次いで高い割合です。ちなみに20代後半が44%で最も多くなっています。

つまり、3人に1人以上は30代の転職。
そう考えると、「他にも30代で転職している人がたくさんいるんだな」と何だか勇気付けらる結果と言えますね。

どんな働き口が多いの?

転職者の職種として多いのが、営業職。
どの業界でも人手不足になっていて、重宝される職種です。
営業職は若い人材よりも経験豊富なベテランが重宝される仕事。つまり、30代のほうがむしろ20代よりもチャンスがある職種といえます。

営業職なら、たとえ他の業界であってもクライアントのやり取りや接客に対して慣れている方が多いので、転職がスムーズに決まるケースが多くなっています。

専門職も狙い目

前職で特殊な技術や知識を必要としていた職種の場合は、転職できる確率が高いと言えるでしょう。
具体的にはシステムエンジニアやプログラマー、電気系の仕事、建設・設備・土木などの仕事が挙げられます。

なかなか実務経験者がいない職業でもあるので、年齢問わず30代になっても重宝される職種です。
また求人は中小企業が半数以上を占めていますから、そういった企業では育成目的よりも即戦力として重宝される30代の方が好まれる傾向にあります。

35歳からの転職

かつては、「35歳の転職限界説」というものがありました。
ただ、雇用対策法によって年齢制限を表記することは禁止されていますので、年齢を意識した求人は減ってきているのが現実です。

とはいえ、40代になるとグッと転職内定率の数値が減少します。
そう考えると、決断するならやはり30代が良いでしょう。異業種に転職する場合は敷居が高くなりますが、同業種であればマネジメント経験などが買われて、内定を取れる確率も十分にあります。

プライベートな時間を十分確保し、月収が減ってでも転職をしたいという方もいれば、逆にさらなる年収アップを目論み、中小企業から大手のメーカーなどに転職する方など様々です。
こういった決断をするのは、やはり35歳前後をボーダーラインとして考えたいところですね。

以上30代での転職事情についてご紹介してきました。
ある程度経験を積んでからの転職であれば十分に可能性を見い出せる年代といえます。転職エージェントなどに相談して、より良い職場を見つけてみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職後に給与額が思っていたのと違った!と言う人がしていなかった3つの事

転職時に確認することとして一番大事な事が「給与額」でしょう。しかし、給与アップのために転職する人はしっかり確認するのですが、そうでない場合はあまり確認しない人も多いのです。また、給与について企業と話が食い違うケースもあります。どのような事に注意すれば良いのでしょうか?

テンキンマン / 17483 view

転職活動は働きながら行うのが良い!?そのメリットとデメリットとは?

転職活動を行うときは現職の仕事を続けながら行うか、あるいはきっぱり辞めてから行うか迷うところですね。時間的な余裕、あるいは金銭的な余裕など様々な理由があって人それぞれでしょう。 ここでは現職の仕事を続けながら転職活動を行ったときのメリットとデメリットについてご紹介します。

Haruno / 942 view

転職先選びで役立つ2つのポイント

会社選びで実践的に役立つ2つのポイントをお伝えしようと思います。

ぽんぽんさん / 988 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ