転職エージェントってどんなところ?

転職エージェントは求人企業に対して転職希望者を紹介する仲介役のような存在です。
求人企業はチラシや雑誌などの広告掲載をするよりも費用が節約でき、人材を確保したときだけ料金が発生するので、コストパフォーマンスが良く、利用している企業もとても多いです。

そして、転職希望者も登録料などの費用が一切かからないので、安心して転職活動ができます。求人企業と転職希望者の両方にメリットがある転職システムと言えますね。

転職希望者が転職エージェントを使うメリットとは

転職エージェントに登録するよりも、一般公開されている企業に自分で公募した方が楽と考える方もいるかもしれません。
しかし、情報公開している求人募集はほんの一握りで、世の中には非公開求人のほうが圧倒的な割合を占めています。

自分が思いもしなかった理想的な企業が見つかるチャンスは転職エージェントのほうが高いと言えます。
また、仲介役としてコンサルタントの方が入ってくれるので、応募先に希望条件を伝えやすいというメリットもあります。

直接自分で応募する場合は、年収や残業時間、職場環境などなかなか直接言いづらいケースがありますよね。
そういったものを代わりに伝えてくれるというのが転職エージェントを使う最大のメリットです。

どんな転職エージェントを選ぶのが良い?

転職活動を行っていると複数の転職エージェントに登録する機会があるかもしれません。その時、必要以上に電話やメールで連絡があるところはあまりおすすめできません。
そういった転職エージェントは転職希望者が少なく、営業活動に力を割いていると言えます。

また、自分の希望条件以外の案内をしたり、勧めてくる場合はもともと保有している案件の少なさというのが考えられます。
どのような業種や職種を案内しているのか、事前に調べてから登録した方が良いでしょう。

案件の多さで定評があるのは、マイナビエージェントやリクルートエージェントが挙げられます。
条件に合った企業を案内してくれるので、利用している方も多いですね。

以上、転職エージェントの選び方、および実態についてご紹介してきました。
転職エージェントは転職の手助けをしてくれますが、内定率が上がるわけではありません。志望動機や経歴書の書き方のアドバイスをもらって、自信を持って面談に臨むようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントに登録できないケースがあるってホント?

転職エージェントにはマイナビエージェントやリクルートエージェントなど多種多様な会社がありますが、中には登録さえ断られてしまうケースもあります。 具体的にどんなケースで断られてしまうのか見ていきましょう。

Haruno / 1152 view

転職を始めるなら必ず転職エージェントを活用しよう

転職活動をする際には、必ずと言っていいほど転職支援会社に登録して、求人情報を紹介してもらうものです。その際に応募先企業への履歴書送付から面接の日程調整までを対応してくれるのが転職エージェントです。 転職エージェントはいわばあたなのパートナーとして、様々なことに幅広く対応してくれます。

現転職エージェントの為になる話 / 928 view

かしこい転職エージェントの選び方

転職エージェントにも有料のものと無料のものがあります。また、外資系専門や一定の業界に特化したエージェントもあります。自分の人生を決める重要なパートナーとして、どのような転職エージェントを選べばよいのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 1087 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ