転職エージェントってどんなところ?

転職エージェントは求人企業に対して転職希望者を紹介する仲介役のような存在です。
求人企業はチラシや雑誌などの広告掲載をするよりも費用が節約でき、人材を確保したときだけ料金が発生するので、コストパフォーマンスが良く、利用している企業もとても多いです。

そして、転職希望者も登録料などの費用が一切かからないので、安心して転職活動ができます。求人企業と転職希望者の両方にメリットがある転職システムと言えますね。

転職希望者が転職エージェントを使うメリットとは

転職エージェントに登録するよりも、一般公開されている企業に自分で公募した方が楽と考える方もいるかもしれません。
しかし、情報公開している求人募集はほんの一握りで、世の中には非公開求人のほうが圧倒的な割合を占めています。

自分が思いもしなかった理想的な企業が見つかるチャンスは転職エージェントのほうが高いと言えます。
また、仲介役としてコンサルタントの方が入ってくれるので、応募先に希望条件を伝えやすいというメリットもあります。

直接自分で応募する場合は、年収や残業時間、職場環境などなかなか直接言いづらいケースがありますよね。
そういったものを代わりに伝えてくれるというのが転職エージェントを使う最大のメリットです。

どんな転職エージェントを選ぶのが良い?

転職活動を行っていると複数の転職エージェントに登録する機会があるかもしれません。その時、必要以上に電話やメールで連絡があるところはあまりおすすめできません。
そういった転職エージェントは転職希望者が少なく、営業活動に力を割いていると言えます。

また、自分の希望条件以外の案内をしたり、勧めてくる場合はもともと保有している案件の少なさというのが考えられます。
どのような業種や職種を案内しているのか、事前に調べてから登録した方が良いでしょう。

案件の多さで定評があるのは、マイナビエージェントやリクルートエージェントが挙げられます。
条件に合った企業を案内してくれるので、利用している方も多いですね。

以上、転職エージェントの選び方、および実態についてご紹介してきました。
転職エージェントは転職の手助けをしてくれますが、内定率が上がるわけではありません。志望動機や経歴書の書き方のアドバイスをもらって、自信を持って面談に臨むようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 6071 view

転職エージェントとの面談における心得

転職エージェントに登録すると、まずは実際にその会社に出向いて面談を受けることになります。エントリー者は何百、何千という単位になりますので、近所まで出向いてきてくれることは稀で、日程を調整してこちらから訪問することになります。はじめての転職活動において、最初の面談に臨む際にはどのような点を考慮しておけば良いのでしょうか?心得を解説したいと思います。

現転職エージェントの為になる話 / 62701 view

転職サイトで失敗しない求人内容のチェック方法

転職サイトで数ある求人に目を通す際にまず目がいくのは給与や休日などの項目ではないでしょうか? 転職で大切なことは、仕事の内容や自分の経験を活かせる会社を見つけることですが、給与や休日などが整っていなければ長く勤めることが難しくなります。 不用意な転職を繰り返さないために、求人内容のチェック方法をご紹介します。

転職アタッカー / 1817 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ