ハローワークのメリットについて

ハローワークを利用する際にどのような点が優れているのかピックアップしてみました。

・国が運営を行っている公的機関なので安心感がある。
・自分の住んでいる地域の案件が揃っている
・規模の小さい企業の案件も載っている
・長い歴史があり、利用するのに抵抗がない

このようにやはり安心感というのが、ハローワークで一番良い部分といえるでしょう。

転職サイトのメリットについて

一方、転職サイトを利用することのメリットはどのようなところがあるのでしょうか。

・案件数が多い
・非公開求人が多い
・お祝い金が再就職手当てよりも良いケースがある
・混んでいないので、コンサルタントと話しやすい
・履歴書や職務経歴書の書き方まで教えてくれる
・応募先企業とのコネクションを持っている
・言いづらい給与面等の条件面を交渉してもらえる

このようにハローワークよりもメリットとなる点が多いのが特徴です。
民間企業が運営しているため、常に最新の転職のノウハウや業種別の知識が豊富といったメリットがあります。

ハローワークのデメリットについて

今度はハローワークのデメリットについてみていきましょう。

・常に混んでいる
・案件が少ない
・紹介先が経営的に安定しているところばかりではない
・条件が良いものが少ない(給料が低いなど)
・混んでいるため、面談や面接の相談をできる時間が少ない
・アフターケアで電話やメールでの対応があまり行われていない

デメリットとして多いのが、営業時間も限られていて常に混雑しているので相談する時間がなく、転職希望者一人一人に合った相談ができていないという点です。落ち着いて相談できる環境とは言い難い状況です。

転職サイトのデメリットとは

一方、転職サイトのデメリットはというと・・・、

・必ず地元に登録所があるとは限らない
・企業によっては電話やメールの連絡が多すぎる
・職歴が浅すぎると登録できないケースがある

転職サイトは企業によって対応も異なるので、全てに共通するとは言えませんが、望まない案件を紹介されたりするケースがあります。
案件数に自信を持っていないところほど、希望条件に合わないものを紹介されたりします。

このようにハローワークと転職サイトではそれぞれメリットとデメリットがありますが、どちらかというと、転職サイトの方が安心して相談でき、多数の案件を取り揃えた環境が整っていると言えます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントと転職サイトの5つの違いとは?内定率に差はあるの?

ここでは転職エージェントと転職サイトを利用した時に内定率に差はあるのか検証してみました。 サイトや転職エージェントによって内定率も異なるので明確な数字にするのは難しいですが、全体的な傾向として転職エージェントの方が内定率が高いと言われています。 それぞれの違いを見ていきましょう!

転職エージェントガール / 1735 view

働く女子の転職体験談②~楽に早く転職を決めたい場合~

転職活動を楽に早くしたい、と考え現在転職活動を行っています。これまでは転職活動にかなり情熱を注いで活動していたのですが、何度も行った転職活動のせいなのか、楽に転職活動を終えることを考え、日々取り組んでいます。

ママエージェント / 2350 view

転職エージェントごとに内定率が違うってホント?

転職エージェント毎に内定率が違うと言われています。 それは転職エージェント毎に企業から支払われる仲介手数料が異なることが影響していると考えられます。 同じようなスキルを持った人なら、仲介手数料の安い転職エージェントから応募してきている人を採用するのではという憶測が流れています。

転職さん / 1643 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ