新聞を読む

新聞(WEBでも大丈夫です。)をさらっとでも良いので読んでください。こんな当たり前なこと、と思ったあなたは大丈夫です。もしあなたが新聞を読む日課がないのであれば、読み、受ける企業や業界について記載があれば更にしっかりと読み自分の意見が語れるようにしてください。

WEBで検索する

その企業のホームページはもちろん隅から隅まで読みましょう。そして、WEBで出てくる他のその企業にまつわる情報、関係ある企業を把握しておきましょう。最近その企業が行った事業や力を入れている点、受ける部署に関わる事柄をチェックしましょう。

書店で立ち読みする

書店でその業界の本を読みましょう。一冊では偏りがある場合があるので、何冊か立ち読みをすることをお勧めします。その中で、自分が良いな、と思った本があれば購入してしっかり読んで挑みましょう。

その業界・企業の友人と話す

これが一番早いです。もしその業界に詳しい友人がいるのであれば、現状、その企業が求めている人、どんな事が起きているのかなどを聞きましょう。

面接で想定される質問の答えを考える

面接で聞かれる質問は大体決まっています。たまには、驚くような質問を受けることもありますが、それ以外は対処できることです。
これまでの仕事を通したアピールポイントや、自分の経験で転職後へ活かせる点、失敗談などをしっかり口で語れるようにしておきましょう。

質問事項を考える

面接では『質問はありませんか』と最後に必ず聞かれます。ここで、『ありません』と言ったことが一度だけありますが、担当者の顔は本当に曇りました。こちらのその企業に対する興味を相手は図っていますし、質問の機会を利用して、どれだけあなたがその企業について知っているか、調べているか、興味を持っているのか、をアピールする場でもあります。

履歴書・職務経歴書を再確認する

書類選考の際に提出した書類をよく読んでおきましょう。志望動機は確実に聞かれる質問ですし、自身の経歴に紐づけながら伝えるようにしましょう。また、誤字脱字がないか、最終チェックを行いましょう。また、写真も直前に慌てることがないように、事前に準備しておきましょう。

地図の確認・緊急連絡先の確認

面接に遅刻は厳禁です。企業のMAPや住所をしっかりと確認しておき、万が一遅れそうになったら、担当者へすぐに連絡をしましょう。

身支度

あとは、身支度だけです。これは社会人のあなたへ伝える必要もありませんが、第一印象はとても大切です。服のしわや汚れに気を付け、寝不足は面接の失敗も招きかねませんので、余裕を持つためにも十分な睡眠をとってください。

これらは本当に最低限の準備です。時間がない面接前でも、最低これくらいはしておきましょう。特に業界についてやその企業についてのリサーチに多くの時間をかけるべきです。その業界などで働く知人がいれば聞くことで、大幅な時間の削減となります。
最低限の準備をして、有意義な面接となるようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

現役転職エージェントが教える「受かる面接法」

転職志願者をバックアップする転職エージェントはこれまで何百人もの転職を実現させています。内定をもらうためには当然面接を突破しなければなりません。この面接ですが、上手な人は何社からも同時に内定をもらえますが、苦手な人は全く前に進めない、という一種の二極化する傾向にあります。一体何がポイントなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 3602 view

採用側の事情も知っておこう

市場が売り手の場合は、応募者から見ると引く手あまたの状況です。このような時こそ、企業が人を採用する際の実力がはっきりと表れます。

現転職エージェントの為になる話 / 81057 view

一次面接はふるいに落とす質問が盛りだくさん!?

一次面接を実施している企業は誰か良い人を探そうというより、まずは絞り込もうという意識が働いています。 そんな時に応募者の意思や状況を確かめる質問を投げかけてふるいにかけています。 具体的に一次面接ではどんな質問が多いのか見ていきましょう。

転職さん / 9706 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ