先ずは落ち着いて自分を見つめ直してみましょう

あなたが転職したいと考えた一番の理由は何ですか?ここが転職を考える上でのスタートです。それが明確になったら、次にその転職理由である内容を自社内で改善することはできなかったのか、その為に何か取り組んだのか考えてください。経験上、ここが一番重要です。誰でも壁にぶち当たることはあります。それがちょっとした工夫で改善することもあるでしょうし、社風として変わらないこともるでしょう。ここで安易に「自分に合った仕事ではないから」「残業が多すぎて耐えられない」など、一時的な感情的で転職活動することが一番危険です。

なぜかというと、そのような回避行動は以降も癖になるからです。運よく自分が求めるレベルの完璧な会社に巡り合うこともあるでしょうが、そのようなことは殆どありません。どこか妥協する点は必ず出てくるはずです。もしかしたら前職と同じ状況になるかもしれませんし、新たな不満が出てくることも考えられます。
その時にその壁を乗り越える力がなければ、あなたはまた次の企業を探しに行くことでしょう。大事なことはそのような壁を自ら切り開く力を持つことです。どの企業であっても必要になります。転職活動においても、この点は重要視されるポイントです。
ここまで考えたうえで、転職という選択肢を選ぶべきです。

具体的な目標を持ちましょう

ここまで整理したうえで、転職すると心に決めたあなたが次に考えることは「具体的な目標を持つ」ことです。ただ前職で不満であったことを改善するという内容ではありません。その先を見据えてどのような未来像を描いているかということです。具体的には、3年後、10年後を見据えた未来像を明確にしておくことです。そして、それに向けてどのような取り組みをしていくかを考えます。

転職活動において、企業側はこれまで行ってきた業務実績と合わせて、どのような価値観・目標を持ち、そして行動しているか見定めてきます。前職に不満があったことを改善しようということはアピールポイントにはなりません。これをベースとして、企業側は一緒に働きたいかということを踏まえて採用判断を下すのです。
曖昧な考えや思いを伝えたとしても、決して採用に繋げることはできません。もし、それで採用となったとしても、お互いに幸せになることはないでしょう。

まとめ

最後になりますが、本当に転職することが一番の選択肢であるのか、今一度考えてみてください。転職は思っている以上にパワーが必要になりまし、必ず良い企業と巡り合うというものではありません。じっくり考えて、少しでもあなたの人生がよいものになりますよう、この記事が参考になれば幸いです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職後、人間関係や職場の雰囲気が悪かった・・・とならないために!

職場の人間関係というものは、転職活動の時点ではわかりづらいものです。面接官は会社の人事担当であることがほとんどで、実際に一緒に働く人ではありません。しかし、人間関係は働く上でとても重要な要素です。人間関係で悩むリスクを減らすためにはどうすればよいのでしょうか?

テンキンマン / 4780 view

レジュメの作り方が分からない!サンプルを一挙公開!

レジュメは企業にアピールする重要な書類。 レジュメの書き方次第で書類選考の合否が決まると言っても過言ではありません。自分のアピールポイントを含んだきちんとしたレジュメの書き方を理解しておくことが大切です。 ここではいくつかの参考例をご紹介していきましょう。

転職さん / 4368 view

転職サイトと転職エージェントってどう違うの?

再就職先を探すにはどうしたら良いのでしょうか。WEBで検索するのが一番簡単です。その中でも登録必須な転職サイトと転職エージェントについてご紹介致します。

jobdesk / 15286 view

関連するキーワード

転職SE

3度の転職を経験し、ようやく自分に合った会社を見つけれたSEです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ