自己分析はなぜ重要か?

転職活動において、自己分析はなぜ重要なのか?

転職は君のことを全く知らない面接官に、自分の良さを知ってもらうことから始まる。なので、面接官に自分をしっかりとアピールする事が必要だ。
しかし、転職者がみんな、自分の良さを正しく認識しているとは限らない。

自分はコツコツと作業をする方が向いていると思っていても、周りは君の事を人当たりが良くて営業の方が向いていると思っている、という場合もある。人は意外と自分の事をちゃんとわかっていない事が多い。
自分の適性に合った仕事は何かを理解しているか?
転職先で生かせる資格やスキルを、どれくらい持っているか?
自分に足りないものは何だ?
これらの問いに自信を持って答える事ができなければ、良いアピールをする事は難しいだろうな。

まずは思いつく事を書き出してみる

自己分析を始める時は、あまり肩肘を張らずに何でも思いつく事を書き出してみる事だ。その時、以下の問いを中心に書いてみると、内容が膨らむぞ。

・自分の強み・弱み

自分の強みはアピールポイントに、弱みは今後の改善点につながっていくので自己分析の良い出発点になる。性格的な事から仕事のやり方、持っている資格など、ここはなんでもOKだ。

「人と関わる事が好き」「逆境に強い」などの強みを書いたら、それにまつわる過去のエピソードを合わせて書いた方がいい。「他の部署も巻き込んで、グループ横断的なプロジェクトを成功させた」「仕事の緊急事態の際に、慌てずにチームをまとめて乗り切った」などだ。具体的なエピソードを聞くと、面接官は君の良さを頭にイメージしやすい。

この記事の続きを読むには、ログインをしている必要があります。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

Mr.転職エージェント

2005年〜2014年まで某有名転職エージェントとして活動。
今では田舎に住み、全く違う仕事をしている。
今まで色んな転職者を見て来たが、成功する転職にはセオリーが存在すると思っている。
転職初心者に向けてそのセオリーを伝え、少しでも役に立つ事が出来れば、俺はハッピーだぜ。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ