圧迫面接はどのような意図で行われている?

人は極度のストレスを受けた時に取る態度によって性格やこれまでの経験の本質がはっきりと現れるもの。圧迫面接ではあえて答えにくい質問や威圧的な態度で接することにより、就職活動者の以下のような点をチェックしています。

・危機管理能力を見ている

通常のコミュニケーションの中では圧迫的な態度を相手に取られることは普通はありませんよね。就職面接のような重要な局面で圧迫面接のようなシチュエーションに会うことは就職活動者にとってはまさに危機的な状況といえます。

そのような状況に直面した時に頭の中が真っ白になってしまうのか、「この応募先はだめだ」とすぐに投げ出して雰囲気を立て直す努力を放棄してしまうのか、なんとかくらいついてくるのか・・・。圧迫面接にはこれらの対応から危機管理能力を把握しようとする意図があります。

・コミュニケーション能力を見ている

人はどんな相手とでもコミュニケーションを取ろうとする生き物です。電車で前の席の人があくびをしていたらこちらもあくびをしたくなるのもコミュニケーションの一種といわれています。本能的に自然な反応として人は相手が行った行動と同じ種類の行動を取ろうとする習性があります。

圧迫面接で話をしている相手(面接官)が圧迫的な態度で接してきた場合、普通の神経を持っている人であれば本能的に緊張感の高まりを感じます。この自然な反応をそのまま出していては当然その場は険悪なムードになってしまいます。自然な反応をなんとか抑えて対応しようとするアクションの仕方をコミュニケーション能力と呼ぶことができます。圧迫面接にはこのコミュニケーション能力をみるという意図も考えられます。

・実務での予行演習

営業職などの職種では実際の仕事の現場で圧迫面接と類似した状況に陥ることも少なくありません。そのような時に「以前に圧迫面接でこんなに怖い局面もあったな」という経験があれば何も経験がない場合に比べて精神的に落ち着くことができます。また、圧迫面接のストレスに耐えられない程度のメンタルの強さならそもそも採用しない、という基準で採用活動を行っている企業もあるようです。

以上、圧迫面接を行う企業側の意図についてまとめてみました。圧迫面接に実際に直面した場合には「これはテストなんだ」と感じながら自分の意見をまとめていくことが重要です。

ストレスのある状況にどのように対処する人なのか、という人を見られているんだということを肝に銘じて、冷静に対応するようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

自分に不利な点を面接で上手く伝える方法

面接では自分にとって不利なことほど正確に答えなくないですよね。 転職回数の多さ、ブランクの長さ、正社員として働いた経験がないなど。 そういった自分にとって答えたくない質問にはどのように対処すればよいか見ていきましょう!

転職エージェントガール / 2481 view

こんな人はすぐ落ちる!面接でご法度の発言3つをご紹介!

面接ではちょっとした言動や行動によって合否が決まってしまいます。 その一瞬のやりとりで不採用と決める面接官もいるといわれています。具体的にどのような発言はNGなのか。代表的事例を3つご紹介しましょう。

Haruno / 26082 view

面接官のタイプ別攻略法!

転職活動の面接では、人事部門、採用部門、役員のそれぞれに対して良い印象を持たれなければなりません。いわば相性というものが存在します。ここでは、面接官のタイプを分類し、それぞれどのように応対すれば良いのかを解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 213772 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ