自分が望むキャリアに合致しているか

ひとことに「キャリア」といっても、将来的に独立を目指す人と社内での出世を目指す人とではおのずから仕事選びの基準も異なります。

たとえば、税理士や会計士などの資格を取得していることが業務を行うための必須条件となるものについては、現在該当の資格を取得していないのであれば仕事をしながら資格スクールに通うなどの手段を取る必要があります。会社がこのような資格取得のための学習を推奨しているかどうかは合否にも大きな影響を与えます。

社内でのキャリアアップを目指していくのであれば、部署の異動や昇格の仕組みがどのように行われているのかについても情報収集しておく必要があります。

自分の適性にあった仕事を選ぶ

人間、たいていのことには慣れてしまえるものですが、それでも適性がない仕事には苦痛が伴うものです。給料が良いからという理由で営業職を選んだり、勤務時間がきっちり決まっているから事務職などというような選び方はミスマッチにつながりやすいので避けましょう。

自分が「楽しい、やりがいを感じる」と思いながらやる仕事は自ずと質も高くなるものです。

年収や福利厚生

どんなにやりがいのある仕事でも、年収があまりにも低いとプライドを持って取り組むことができなくなってしまいます。注意するべきなのは初任給だけで判断をしないこと。入社当初は研修期間とみなしている企業も多いので、最低限の給与額となっていることも珍しくありません。

インターンなどがある場合には打ち解けた先輩社員に入社後の福利厚生についてこっそり聞いてみるのもいいですし、そのような機会がない場合には会社四季報などで全社員の平均年収や平均年齢から福利厚生について確認してみるとよいでしょう。

転勤が必要となるか

転勤や出向の有無についても考えておく必要があります。大手企業の場合、総合職と一般職との差は転勤や転属の有無が基準となっていることもすくなくありません。

住む土地が変わることは働く本人だけでなく家族にとっても大きなリスク。転勤時の家賃補助などについても可能であれば調べておくと良いでしょう。

仕事の選び方は人によって千差万別、とはいっても自分の中でも判断基準が意外と明確になっていないことも。一度時間をとって確認してみると良いですよ。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接官はお見通し!?ウソっぽい印象を与えてしまう志望動機とは!

転職の際の王道的質問が志望動機。 9割9分、聞かれる質問でその答え次第によっては合否が決まるとの声も。 ここでは理想的な志望動機とともに、嘘っぽい印象を与えてしまう志望動機についてもご紹介していきます。

Haruno / 39954 view

転職に必要なのは「決心」すること

会社を退職したい、退職せざるを得ない、そういう思いの方がおられると思います。 しかし、そうは思っていても、一度就職した会社を退職する事はそう簡単にできるものではありません。実現するには強い決心が必要になります。

jobdesk / 4594 view

志望動機はどう書くべきか?

「志望動機」と「自己分析」は就職活動の2大テーマですね!今回は志望動機について企業の人事担当者がどのような点を見ながら評価を行っているか考えてみましょう。 志望動機は企業側の立場からすると「なんでこの人はうちの会社を選んでくれたんだろう?」ということを確認するための重要な資料になります。

テンキンマン / 1256 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ