年収や福利厚生について志望動機の中で触れるのはNG

人事担当者もプロですので、初めは給与や福利厚生の条件で自分の会社がリストアップされたのであろうことは理解しています。

しかし、志望動機という限られたスペース(自己アピールをするための絶好のチャンスです)の中でそのような理由を述べるのでは「チャンスをつかむセンスのない人」という烙印を押されてしまっても文句は言えません。

志望動機ではあくまでも仕事に対する熱意や自分がどのように会社に貢献できる人間なのかをアピールすることに徹しましょう。

企業側の事業を褒めるだけの志望動機はナンセンス

一方で、応募企業の事業内容を褒めちぎるだけの志望動機もナンセンスです。企業の事業内容について一番理解しているのは企業側の人間だからです。

中途半端に志望動機の中で事業内容の具体的な内容に触れていると、面接でツッコミを入れられてしどろもどろに・・・なんてことにもなりかねません(もちろん、業界的な専門知識がすでに豊富にある場合は別です)

重要なのは志望動機と職務経歴のバランス

企業側としては「自社に貢献してくれる人」を探すのが採用活動の主要な目的です。

そのため、「この人はこういう実績や経験があるようだから、自社のこういう場面で活躍してもらえそうだ」ということが具体的なイメージとして見える人に魅力を感じる可能性が高いといえます。

企業に提出する志望動機はこのような「自分が応募先の企業に入社して活躍している姿」が見えるようなものになっていることが理想です。それを実現するためには、「これから応募企業でやりたいと思っていること(=志望動機)」と「自分ができること(=職務経歴)」のバランスに注意するのがポイントです。

具体的には「以前の自分のこのような経験が、応募先企業で募集している職種、職階においてこのように貢献できる」と主張するとよいでしょう。その際、自分のこれまでの職歴にかんがみて、大げさになりすぎず、謙遜しすぎることのないようにすることが大切です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

内定が出たが迷っているあなたにして欲しい3つの事

内定の連絡は通常はうれしいものです。そこへ向かって一生懸命に活動を行ってきたあなたにとってそれはゴールです。しかし、この企業でいいのか決めかねている場合、またそうならないための対策を紹介します。

ママエージェント / 22036 view

面接官はお見通し!?ウソっぽい印象を与えてしまう志望動機とは!

転職の際の王道的質問が志望動機。 9割9分、聞かれる質問でその答え次第によっては合否が決まるとの声も。 ここでは理想的な志望動機とともに、嘘っぽい印象を与えてしまう志望動機についてもご紹介していきます。

Haruno / 39694 view

転職に必要なのは「決心」すること

会社を退職したい、退職せざるを得ない、そういう思いの方がおられると思います。 しかし、そうは思っていても、一度就職した会社を退職する事はそう簡単にできるものではありません。実現するには強い決心が必要になります。

jobdesk / 4310 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ