はじめに

なんとなく「手に職をつけておけば食いっぱぐれることがないから・・・」ぐらいの気持ちで資格の勉強を始めてしまう方も少なくないようです。資格の勉強に身を入れるあまり、職務経歴の元になる実務をおろそかにしてしまったり、転職活動そのものが滞ったりしてしまっては本末転倒です。

一方で、企業の人事担当者はどのような目線で転職者の保有資格を見ているのでしょうか?今回は転職活動に役立てる!という観点から資格の取得について考えてみます。

熱意を伝えられる一方、「ズレている」という評価を受けることも・・・

履歴書に資格を書きたい!と思う転職者側の意図としては「自分は向上心をもって積極的に仕事に取り組む人間です」ということをアピールするというものがありますよね。

しかし、志望する業界とまったく関係のない資格の保有をアピールしても、「戦略的にキャリアについて考えてこなかった人なのかも」など、思いの外低評価を受けるという可能性も。

自動車免許や簿記資格など汎用性の高い、どこの企業で仕事をする上でも役に立つ資格であれば別ですが、業務に関係のない資格をずらずらと並べても、「これを見た相手にどう感じて欲しいのだろう?」と疑問を持たれてしまうケースも考えられます。

ポイントは「会社にとってのメリット」を訴求できるかどうか

それでは資格は履歴書に書くべきではないのか?というとそうではありません。

ポイントは資格と応募先企業での職種の関連性について一言そえておくことです。
たとえば、簿記資格であれば「御社で募集されている財務担当者の業務でお役に立てると考えております」と一言添えるだけで採用を行う会社にとってのメリットをアピールすることができます。

また、このようにコメントをつけておくことで独りよがりで単調な内容になりがちが履歴書にちょっと採用担当者の目を引く要素を加味することができるというメリットもあります。

資格と転職の関係についてのポイントは、「企業にとってその資格が役に立つものであること」であるかどうか、また、そうであることをアピールする姿勢が感じられるかどうかです。

企業側の希望は自社にとってメリットのある人を採用することです。応募を行うときには自分自身のどのようなスキルはが仕事の上で役に立つ可能性があるのか、ということを訴求するのが大切です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職に有利な資格の選び方〜「資格の迷宮」に迷い込まないために

「転職には資格を持っていたら有利!」とはよく言われるものの、これってほんとでしょうか?実際にはもう少し突っ込んで考える必要があると思います。 まず、現在取得しようと考えている資格が、「なんとか仕事に就くための資格」なのか、それとも自分が思い描くキャリアに近づくための「ステップアップのための資格」なのかをはっきりさせましょう。

テンキンマン / 1001 view

転職に強い資格と有利な資格

転職の目的は人によってさまざまですが、転職を成功させたいという思いは、誰もが同じです。どうすれば転職がうまくいくのかと考えた時に一度は頭をよぎるのが、「資格」ではないでしょうか。 では、実際に転職と資格はどのぐらい関係があるのかということをいくつかの例を参考にご紹介します。

転職アタッカー / 2313 view

資格取得は転職活動へ有利か?

転職活動を行う前に、この資格を取得したら転職しよう!と考える人は多いようです。また、この資格を取得すると転職できる!というフレーズも町中でよく見かけます。 しかし、それは本当でしょうか。実際に私が面接を通して感じた印象を紹介します。

ママエージェント / 902 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ