目指すべき資格の種類を知る

たとえば行政書士や税理士といった、資格の名前から職業の内容もイメージできるものの多くはステップアップのための資格です。これらは資格を持っていないとそもそも業務を行うことができないため、企業側からのニーズも高く、キャリアアップに役立つ資格ということができます。

それに対して簿記やPC関連の検定といった資格は「これがないと業務ができない」という性質のものではありませんが、採用を行う企業の側に「自分はこういう知識がありますよ」とアピールするツールになってくれます。これらは「なんとか仕事に就きたい!」と考えて就職活動を行うときには助けになってくれます。

それぞれの資格を目指すべき時期とステージがある

重要なことはそれぞれの種類の資格を目指すべき時期とステージがあるということです。社会人として仕事をした経験がそもそも少ない、という方にとってはまずはなんらかの形で企業に入社して、仕事の経験を得ることが大切です。

そのため難関資格の勉強を行うことよりも、面接対策やエントリーシートの書き方など、まずは具体的な就職活動に直結する活動に力を優先的に振り向けるべきです。

その際、履歴書に有利な条件をつけるため、ということで上記の知識をアピールするための資格を取得しておくことは合理的であるといえます。これらの資格は難易度もそれほど高くないことが多いため、就職活動を行いながらでも取得できる可能性は大いにあります。

キャリアアップ資格は「どういう仕事をしたいか」をまずイメージする

難関資格の取得はキャリアアップのために限定して行うのが賢明です。間違いとして多いのが資格の取得そのものが目標になってしまっているケースです。本来資格は「やりたい仕事」に近づくためのツールにすぎません。

このような本末転倒を防ぐために、まずは「こういう業界でこういう地位で仕事をしたい」という具体的な目標を定めましょう。その上で「この資格がないとこの仕事にはつけない」という条件があるときに初めて、その資格の取得を検討するようにします。

理想的には5年〜10年程度業界で仕事の経験を積み、資格要件(資格を取得していないと仕事ができない)のある仕事に転職するという形です。

難関資格の取得は長期目線で計画を立てる必要があります。仕事をしながらでも通えるスクールや、資格取得を応援してくれる風土のある企業を選ぶことが必要です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職で有利になる?半年で取れる資格とは

「自分には大した資格がない、でも今から学校に通って資格を取得する時間やお金もないし、何か短期間で取得できる資格がないかな・・・。」と考えている人もいるでしょう。 ここでは非常にニーズがあり、それでいて短期間で取れる資格についてご紹介してきます。転職活動で有利に働くことでしょう。

転職エージェントガール / 4344 view

転職において今までに取得した資格は使えるのか

転職活動を行う際、企業側はあなたがどのようなスキルを保有しているのか判断する為の1つの材料として判断するのが「資格」です。 どのような志向をもって取り組んでいるかということも同時に見られます。では、この「資格」をもって、どのようにアピールしていけばよいのでしょうか。

転職SE / 8657 view

転職で資格を活かして成功するポイント

「資格なんて興味ない」「どの資格も取るまでに時間が掛かるからなぁ」と思う人はまずは資格と転職の関係を知るところから始まります。

ぽんぽんさん / 1827 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ