転職エージェントのしくみ

転職エージェントは実際に転職活動を行う個人の側からは料金が発生しないケースが大半です。

転職エージェントにお金を支払うのは主に採用活動を行う企業の側で、転職者の採用が決定した時に初月の給料の数%という形や、募集サイトへの広告掲載料などで運営を行っている転職エージェント会社が中心です。

転職エージェントを介した応募では、企業側の負担があることも知っておくこと

このような事業形態をとっている転職エージェントですので、企業側にとって、転職エージェントを利用して採用活動を行うことにはコストがかかることになります。

コストをかけてでも転職エージェントを使って採用活動を行っているということは、自前で採用を行うコストを比較しても転職エージェントを利用する方が利益があると考えているからです。

転職活動は企業側にもコストがかかっているということを理解した上で面接の機会をいただけたことを感謝する気持ちを表すようにすると、面接での人事担当者の受けもよくなるかもしれませんね。

転職エージェントも事業規模によって得意分野はことなる

転職エージェント会社もリクナビネクストやDODAなどの大手から、従業員数人程度の規模で事業を行っている転職エージェントまでさまざまです。

大手エージェント会社の場合、応募者も当然多くなるため競争がし烈になっているという現実があります。そのため業界内での実績がある人や、職務経歴や履歴書の内容に自信のある人がこれらの大手転職エージェント会社を利用すると大きなメリットがあるでしょう。

また、WEBサイトのコンテンツとして履歴書の効果的な書き方や転職成功事例の紹介などが多くあるほか、非公開案件のあっせんなども多いのも特徴といえます。

一方で、中小規模の転職エージェントには個別企業との密接な関わりを強みにしているケースも多く、マッチングがうまくいく募集案件がよいタイミングで出れば転職活動そのものがスムーズに進みやすいという傾向があります。

転職エージェントはどちらのエージェント一方だけを利用するという使い方ではなく、転職のタイミングや自身の経歴に合わせて使い分けるというやり方が上手な付き合い方といえるでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントから勧められた求人の上手な断り方とは

転職エージェントに登録しに行くといくつか仕事を紹介してくれます。 しかしその時、自分の希望条件とは異なっていて、「あまり理想のものがないな・・・」という時もあります。 そんな時、コンサルタントの方に悪い印象を与えず断る方法や対策について紹介していきます。

転職さん / 13874 view

転職しやすいのはどっち!?ハローワークと転職サイトの違いとは?

転職する際に利用する手段として挙げられるのが、ハローワークと転職サイト。 どちらも身近な存在ですが、それぞれメリット、デメリットが存在します。 転職活動を行う際はどちらを主に利用した方が良いのか詳しくみていきましょう。

Haruno / 105210 view

ブラック企業に転職しないために

最近よく耳にするようになったブラック企業という言葉。誰しも入社したくないはずですが、必ず不幸な目に合う人は存在します。ブラック企業を事前に見分けるためのポイントは何でしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 9521 view

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ