マイナス評価につながる可能性が高い逆質問

まず、マイナス評価につながる可能性が高い逆質問についてです。

避けておくべきなのは休日の取り方などの福利厚生や、サービス残業の有無などについて質問をしてしまうことです。気になるところではありますが、下手をすると「入社する前から休みのことを考えているのか?」とやる気を疑われてしまうことも。

もちろん、福利厚生は社員の権利なのでそれについて考えることは悪いことではありません。しかし、ものごとには時と場合というものがあります。逆質問といえども面接は面接です。どのような受け答えをしたかは当然評価の対象になっていると考えて間違いありません。

逆質問の内容からも仕事に対する熱意や継続する意思を感じ取れるかどうかをチェックされていると肝に銘じておくきましょう!

プラス評価につながる可能性が高い逆質問

それではプラス評価につながる逆質問にはどのようなものがあるでしょうか。

考え方としては逆質問そのものも面接でのその他の質問と同じように「こちらの熱意ややる気をチェックするためのもの」ととらえると良いでしょう。そのため、質問する内容もこれから仕事に向かっていく熱意や具体的な行動が見えるようなものにすると好印象を与えられます。

たとえば、今後の採用活動のスケジュールがどのように進行していくかや、入社までにどのような準備をしておくと良いかなどを質問してみると良いでしょう。

もっと強い印象を相手に持ってもらいたいのなら、ずばり、会社の良いところや仕事のやりがいなどを面接官自身の経験から話してもらうと良いでしょう。面接官自身も過去にあなたと同じように面接を経て会社に入社してきているはず。きっと濃い話をしてもらえますよ。

以上、面接での逆質問の受け答えの仕方について解説しました。面接の最後に行われることの多い逆質問は、面接官の心理的な印象にも残りやすいので、最後まで気を抜かずに準備をしておくと良いでしょう。参考にしてみてくださいね。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職における最終面接、その内容と対策

いよいよ転職活動も大詰めの最終面接。この面接を突破すれば晴れて転職が実現して新しい人生が踏み出せるという局面で、ポイントとなるのはどのようなことなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 7459 view

一次面接で社長が対応することってあるの?

面接の際、いきなり社長が出てきて面接をするケースもあります。 これは決して珍しい事ではなく中小企業などではよくある光景です。 社長がいきなり面接対応をするときはどんな準備が必要なのか、また二次面接のときは誰が担当者となるのか見ていきましょう。

転職さん / 18158 view

圧迫面接をする企業の意図とは?

面接官があえて威圧感のある雰囲気や発言を行う「圧迫面接」 もちろん、企業の採用担当者も気まぐれでやっているのではなく、「優秀な人間を採用すること」を目的にあえて圧迫面接を行っています。 ここでは採用担当者がどのような意図で圧迫面接を行っているのか、実際に圧迫面接を受けた時にはどのように対処するのが良いのかをまとめてみました。

テンキンマン / 14441 view

関連するキーワード

テンキンマン

幾度の転職を経験し、今では転勤が少し多めですが楽しい職場を見つける事ができました。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ