① マイナビエージェント - 面接突破率が高い!

スマチェンから一番多く登録されている転職エージェント。
日本の人材サービス業において、唯一リクルートと肩を並べるほどの規模と総合力を持つようになったマイナビグループの筆頭です。

サービスとしての大きな強みは2つあります。
まず、マイナビ自身が持つ圧倒的な営業力による求人カバー率の広さ。
就職活動サイトのマイナビやマイナビ転職といった求人媒体をグループ内で持つため、自ずと転職エージェントとして保有する求人に幅が出るためです。

もう1つは徹底的な面接対策です。
キャリアアドバイザー主導にて、転職希望者が受験する企業の選考への対策を実施し、結果として採用先企業からも「マイナビからの候補者にはよく内定を出している」との声が多く聞こえる事になっています。

② JACリクルートメント - 外資系・グローバル職種に強み

JACリクルートメントは転職エージェント業界トップ3企業の1つ。
発祥は海外であるため特に外資系の転職に強いサービスです。

JACリクルートメントの特筆すべきポイントは2つあります。
1つは、キャリアコンサルタントの実務経験の豊富さです。
JACは事業会社での実務経験を元にキャリアコンサルタントの担当業種・職種を決定するためです。

もう1つは先に述べた外資系企業およびグローバル職種の転職実績。
JACの創業者の田崎さんはイギリスで事業を興し、その後Japan Agency & Consultancyとして日本へ逆輸入。頭文字がJACの社名となりました。
大きな実績としては、愛知万博での外国人対応スタッフの採用を全て担ったことなどがあります。

③ アデコ - 営業職の転職に強み

アデコは60カ国・5,000拠点以上のインフラを持ちグローバルに展開する人材サービス企業の日本法人です。

スイスで生まれたアディアとフランスのエッコが合併することでアデコとなり、その後もアメリカやドイツの人材サービス企業を買収することで現在売上高として世界一の規模を誇るグループへと成長しています。

世界中で人材サービスを展開してきたノウハウは日本でも活かされ、特に20〜30代の営業職のサポートに定評があります。
営業・MR・アパレル関連のMD/セールス等の経験を持つ転職者からの評価が高いサービスです。

④ リクルートエージェント − 人材サービスのスタンダード

言わずと知れたリクルート。就職活動を経て社会に出た方ならばリクナビを使わなかった事はほとんどないと言えるでしょう。

リクルートエージェントはそんな日本の就職サービスの根幹を担ってきたリクルートが展開する転職専門のエージェントサービスです。

リクルートに関しては局所的な強みに言及する必要はあまりなく、ただただ業界のスタンダードであることが転職希望者にとって大きなメリットとなります。
人材採用予定企業から見るリクルートも同じ。まずは最大手から相談するという傾向は特に大企業に多く見られる特徴でしょう。

結論として、自分の第二第三の人生のステージを決める上であらゆる候補先企業の選択肢を見ておきたい、そのように考える方は必ずリクルートエージェントの門をたたくべきです。
年間3万人以上の転職をサポートしているリクルートにはやはり最も多くの選択肢が存在していることは疑いようもない事実だからです。

⑤ ワークポート − IT・ウェブ系に抜群の強み

ワークポートは比較的後発でありながら、今最も伸びと勢いのある転職エージェントです。

元はIT関連・ネット系・ウェブ系の技術者の転職サポートを中心とした特化型のサービスとしてワークポートは存在していました。
しかし、エージェントサービスと合わせてIT転職ナビという求人媒体を持ち、両サービスでの相乗効果を生み出す手法はまさにリクルートやマイナビのそれ。

結果的にIT業への転職においては大手エージェントを退けるほどの強さを持つようになり、同時にサポート業界を広げることで今では総合型転職エージェントへと成長しました。

ワークポートにしかない求人・サービスを網羅する上でのランクインです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

働く女子の転職体験談①~楽に早く転職を決めたい場合~

これまでにも何度か転職活動を行っていますが、何度行っても分からないことだらけですよね。そして、転職活動に正解はないため、迷うことだらけです。

ママエージェント / 813 view

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 5520 view

やりたい仕事が無い!?自分に合った会社・職種の選び方とは?

小さい頃に思い描いていた仕事の就職が難しいと分かってくると、現実的にどうしても選択肢が狭まってきてしまいますね。 そこで、思い切って転職を考えている方は自分1人で悩むのではなく、転職のエキスパートの意見を聞いてやりたい仕事を改めて探すというのも一つの手段です。

Haruno / 49584 view

Smachan

Smachan事務局です。
転職されるみなさまのお役に立てるよう、転職に関する情報を発信していきます。
よろしくお願いします。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ