一昔前までのまだ日本の経済がそれほど悪くはなってなかった時代の転職活動の方法は、とにかく自分でハローワークに足を運んで求人情報を検索したり、あるいはインターネットを利用して自宅のパソコンから求人情報を閲覧するというパターンが多かったものです。
しかし、最近では待てど暮らせどなかなか希望する会社からの内定が貰えないという人が非常に多くなりました。

何故なら最近は一昔前までと比べてとにかく応募者の数も増えていますので、必然と競争率も上がっているからです。
つまり希望する会社から内定を貰いたいと思っているのは自分一人だけでなくその他大勢の人が会社に採用されることを狙っているので、余程優れた能力や経験でも持っていない限りはなかなか自分一人の力で就職転職活動を成功させることは難しいのです。

このような厳しい世の中でも転職エージェントを利用して希望する会社から内定を貰えたという人も増えています。
転職エージェントの担当スタッフはとにかく求職者と二人三脚になって求職者が一日も早く希望する業界または職種の会社に入社出来るように頑張ってくれるので、求職者としてこれほど心強いことはないのです。

紹介された仕事が希望の仕事ではない・・・

しかし、転職エージェントの担当スタッフがメール等で紹介してくれる仕事が必ずしも求職者本人の希望している仕事ではないといった場合も実は多々あるものです。
もちろん、転職エージェントは事前に求職者本人から大まかな希望条件等についてインタビューをしているので、基本的には希望する仕事以外はメール等で紹介してきません。

しかし、いつまでも希望する業界あるいは職種の会社にばかり就職することにこだわっていては、永遠に就職出来ないかもしれないと危惧するスタッフもいるのです。
つまり、今はとにかく就職出来るだけでも有り難い時代なのだから、多少の希望条件のミスマッチは甘受して欲しいと考えて求職者に色々な仕事を紹介してくることが多いのです。

丁寧な断り方をすればその後もうまくいく

だからといってどうしてもその紹介された会社に行きたくないのであれば、無理して面接に行く必要はありません。

その際、きちんとした丁寧な断り方のメール文章を入力して断るようにすることが大切です。怒ったような断り方や、失望したかのような断り方はいけません。

・現在の仕事が忙しい
・活動時間が限られている中で検討した結果、他社を優先したい
等、妥当な理由があれば問題ありません。

そうすればその後のスタッフとのやりとりも支障をきたしません。もしもマナーの悪い断り方をしてしまってスタッフの気分を害してしまったならば、その後は二度と良い案件を紹介してくれなくなってしまうかもしれません。なので断り方には十分注意をしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントに断られる事もある?!

いざ転職活動をはじめる段階になると、まずは転職エージェントに登録して相談してみることからはじめる人も多いかと思います。 ところが、いざ転職エージェントを訪れて自分の経歴や転職動機などを説明してみても、登録自体を断られることがしばしばあります。一体どのような事情でそのような残念な結果になるのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 32571 view

求人数が多い転職サイトとは?

転職サービスを選ぶときに決め手となるのが求人数。 やはり求人数が多ければそれだけ職種や給料、勤務地など自分の希望にあった条件がたくさん出てきます。 ここでは転職サービス別の求人数を公開求人と非公開求人に分けて紹介していきます。

Haruno / 817 view

転職エージェントを経由して年収をアップさせる方法とは

転職を経て年収がアップしたという話がよくありますが、それは自分のスキルに見合っていない時に新たに評価してくれた企業に転職できた場合のみ。 誰でも転職すれば年収が上がるという事ではありません。自分のスキルをいかにアピールできるかがポイントです。

転職さん / 9982 view

関連するキーワード

転職忍者

私が体験した転職体験から記事を書いていきたいと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ