転職エージェントが持っている求人を出している会社の情報の量は、一般人が持っている量とは比べ物になりません。

それから個人の力で良い会社を探そうとする場合、どうしても自分からハローワークに足を運んだり、パソコンを使ってインターネット検索をして調べるしかありません。

つまり個人の側から積極的に働きかけていくしかないのです。
その点でも転職エージェントの場合なら、求職者が希望している会社を予め聞き出しているので、求職者にぴったりで是非選考試験を受けるべきだと思われる仕事は随時紹介してくれるので、求職者は楽です。極端な話、求職者は特に何もしなくとも転職エージェントのスタッフが希望する仕事を紹介してくるのを待ってさえいれば良いのです。

このような理由から、エージェントを利用する求職者達の数が多くなっていったのです。
しかしいくらエージェントが勝手に希望する仕事を紹介してくれるのを待てばいいからといって、求職者の側は何も努力が必要ないということは当然ありません。

転職エージェントに提出する書類で良い会社がみつかると言っても過言ではない

求職者の側も色々な努力をしなければ、なかなか希望する会社に就職することは出来ないのです。特に転職エージェントに提出する書類については、丁寧な書き方をする必要があります。

転職エージェントに提出する数々の書類の書き方によって、良い会社が見つかるかどうかが決まると言っても過言ではないのです。
それでは具体的にはどのような書類の書き方をすれば良いのでしょうか。

まずほぼ全てのエージェント会社では、求職者に履歴書を提出することを求めています。
そして履歴書を記入する際の注意事項ですが、とにかく誠実に嘘偽りなく書くことが大切です。

求職者の中にはとにかく自分の経歴を少しでも良いように見せたいと思って、職歴等について誇張して書こうとする人がいます。
しかし嘘は絶対に後でバレてしまうものですし、万が一それで希望する会社に入社出来たとしても、内定取り消し自由にもなってしまいかねません。

なので基本的な注意事項ですが、履歴書には真実だけを書きましょう。
それから自分が持っている資格については、面倒でもすぐに記入するようにしましょう。

自分では必要がないと思っている資格であっても、企業側が必要としている資格だったということはよくある話なのです。
そのような場合、資格を全て書かなかったことを後悔してしまうことになりますので、絶対に最初から全て書くべきなのです。

それからエージェントに提出する代表的な書類としてもう一つ職務経歴書があります。
職務経歴書にも、面倒でも自分がこれまで経験したことのある仕事内容については全て記入するようにしましょう。
特に転職回数が多い人はなかなか全て書くのが大変なものですが、後悔しない就職活動をする為には、職務経歴書に面倒でも全ての今まで経験したことのある仕事内容を書きましょう。

さいごに履歴書・職務経歴書の書き方がのっているサイトをご紹介しておきます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

書類選考を突破する履歴書の記入方法について

転職活動で履歴書は第一関門の書類選考に勝ち抜くための大切なステップです。ただ、経歴を記入するのみではなく、担当者の心をつかむ内容を記載しましょう。

ママエージェント / 2275 view

職務要約の例文〜物流・運輸編〜

ここでは物流運輸関係の仕事をしていた方に参考になる職務経歴書のサンプルをご紹介しましょう。 物流運輸関連の仕事は免許や経歴の長さが重視される傾向にあります。 運転技術はあるのか、交通事情に詳しいのかといった実務経験が大切な職種です。職務経歴書の記述について見ていきましょう。

転職さん / 7508 view

職務経歴書の具体的な記載方法

転職活動を成功させる上での第一に立ちはだかる壁は職務経歴書の記載です。数多くの応募者の中から選ばれる経歴書を書き上げるのは非常に大変です。ここでは、各項目においてどのように記載すればよいのかを具体的に解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 14036 view

転職忍者

私が体験した転職体験から記事を書いていきたいと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ