求人をみてみよう

ハローワークには全国の、また海外の求人などもみることが出来ます。最寄りのハローワークへ行くとそこにはパソコンで閲覧後、プリントすることも出来ますし、応募を希望する場合は窓口へ届け出ると応募してくれます。その際に履歴書、職務経歴書が必要です。また、応募企業に対して質問があれば、窓口を通して質問してもらうことも出来ますし、現状の応募者の人数も担当者側で確認することが出来ます。
ハローワークへ直接行かなくても、自宅でハローワークと同様の求人検索を行うことも出来ます。

職業訓練について

転職活動を進めていく中で、スムーズに進まない。この資格があれば、この経験があれば…と思ったのであれば、ハローワークで職業訓練という制度があります。この職業訓練は、数か月の学校へ無料で通うことができ、かつその期間、賃金まで国からもらえるというとてもありがたい制度です。地域により、ハローワークから紹介できる受講内容は異なりますが、もしあなたが目指す業務に関して学べるのであれば応募してみても良いかもしれません。ただし、人気のコースには人が殺到することも多く、定員があるため、その際は書類選考や面接が必要のようです。

離職して転職活動を行っている場合、あまり長い空白期間があくことはマイナスとみなされます。その際、転職活動でアピールできるような受講を行うことは大きな魅力となるでしょう。そして、受講期間中、学校は基本的に朝から夕方までありますが、面接のためだと休むことも可能です。

失業手当について

退職後、転職活動を行っている場合に限ってのみですが、失業期間に転職活動を行っている間、ハローワークへ通うことで、失業手当を支給してもらうことが出来ます。これはとても助かりますね。うまく活用して、金銭面の心配をせずに転職活動に集中して効率よく進めていきたいですね。

その他

若者就業支援対策など、時期や地域によって様々な就業機会を設けています。担当者に相談し、うまく活用したいところです。また、マザーズハローワークなど、仕事を探している母親のためのハローワークなどもあり、幅広い年代、条件に応じた求人情報があります。

ハローワークの魅力は、民間の人材会社などとは異なり、長期的なサポートをして頂ける点、どんな人でも利用できる点でしょう。交渉などは難しい点もありますが、親身な担当者であれば、色々と相談にのってくれることも多いです。選択のひとつとして制度を知っておくと良いでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

みんな転職は何歳ぐらいで考え始めるの?

現在勤めている会社に今後も努めるべきなのか、あるいは転職をしてさらに良い職場があるのではないかと考え始める方もいるでしょう。そのような転職の考えを持つのは、何歳ぐらいが多いのか調べてみました。

Haruno / 1010 view

転職のチャンス!?有効求人倍率が上昇傾向に!

近年、景気回復が叫ばれていて2009年を最後に有効求人倍率が回復傾向にあります。 有効求人倍率は高ければ高いほど応募者にとって有利な状況を示す割合。 悪い時は0.5倍の水準になっていた時期もありましたが、今は1.24倍まで回復しています。 有効求人倍率について詳しく見ていきましょう!

転職さん / 2607 view

今、転職年齢35歳限界説に変化が!?

かつて転職できるリミットは35歳と言われていました。 しかし、年々と転職をする人の平均年齢が上がってきていて、ここ数年でその平均年齢も3歳ほど上昇。 男女共に転職を考えるタイミングも遅くなってきています。 ここでは転職年齢について詳しくみていきましょう。

転職さん / 2590 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ