いまの企業を退職するリスク

今いる環境が世間的に良いものであれば、それを失なってしまうこと、肩書をなくしてしまうことにおそれを感じるでしょう。

転職をすることを勧めているわけではありません。ただ、『こうしたい』という気持ちがあれば諦めずにそれを突き詰めて動き出して欲しいと思います。日本は時代は変わりつつあっても、やはり終身雇用制度はまだ変わらず、少々きつくても、他にやりたいことがあっても、その気持ちにふたをして定年まで働く方が多いでしょう。たしかにやめることで、また業務や人間関係は一からですし、給与も変わってしまうかもしれない。退職金だって減るかもしれないし、新しく入社した企業が合わなかったら・・・。と不安は尽きることがありません。そして、それならば今の企業でいいや、と考え、何も動き出さない。そんな人たちをたくさん知っています。彼らは不満をいつも言いながらいまも同じ企業で働いています。しかし時間がたてばたつほど、転職は厳しいものになります。

新しい一歩を踏み出すメリット

同じ業界でも業務内容でも、場所が変わると、大きく変わることも多いです。どうしても合わなかった上司からの解放、嫌でたまらなかった社風からの脱却。それを大きくストレスとして感じているのであれば、それを理由に転職をすることもありだと思います。

また、転職を通して、給与アップややりたかった仕事に近づける、大きく業界を変える、など、不可能ではありません。

給与に不満のあった友人は、給与アップのみをただ目指して転職活動をしました。それが目的だったので、転職後、多少の問題はあっても彼女は幸せそうにしています。

また、どうしてもやりたい仕事があった友人は、転職後大幅に給与は下がりましたが、転職から数年たった今では、給与は退職した企業の平均年収よりはるかに上回るものになっています。

彼らは自分の目的を明確にし、それに向かい努力しました。その結果、今があり、大変だったけれど本当に転職をして良かった、といつも言っています。

さいごに

今の企業を去るべきか、ここに居続けるべきか、それはあなたにしかわかりません。ただ、問題を後回しにすることが一番危険です。年齢とともに転職市場でのあなたの価値も下がりますし、新しい環境に慣れるためには若い方が適応しやすいでしょう。自分がどうありたいのか、を考えてみてください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

退職後にしておいて本当に良かった!と感じている4つのこと

退職後、普段会社員として働いていたらなかなか手に入らない自由な時間を得ることが出来ますよね。わたしは退職後にこれまでできなかったことを思いっきりやりました。それらを紹介していきたいと思います。

ママエージェント / 13944 view

退職前に、今の会社とトラブルが起きないように

今の仕事を辞めずに転職活動をする場合、当然今の職場には転職しようとしている事は隠した方が良い。 でも、転職活動の事が職場にばれてしまったり、辞めさせてもらえないなどのトラブルは良くある事だ。 そうならないようにどのような対策を立てれば良いかを話しておこう。

Mr.転職エージェント / 1906 view

知っておきたい退職後の社会保険手続き

退職が無事に決まって少しゆっくりしようと考えている方もいると思いますが、以外と忘れがちな退職後の社会保険の手続きは整理できていますか? ここでは、退職後に慌てることのないように社会保険(国民健康保険・国民年金保険)の手続きのポイントをご紹介します。

転職アタッカー / 4220 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ