①面接の場でしっかりと見極める

面接の際は、それだけでいっぱいいっぱいになっているかもしれませんが、もし受かった場合はあなたはそこの場で働くことになります。
是非、隅々まで細かくチェックしていきたいところです。

受付やそこの場で働く人たちの様子、社内の雰囲気、あなたがそこで働くことをイメージして下さい。また、担当者と直接会える機会はその場限りです。面接の場であなたをアピールすることがもちろん重要ですが、質問でしっかりと疑問は解決してください。

②内定を得た後に質問をする

内定を得たが、どうしても気になる点がある場合、質問をしても問題ないでしょう。エージェントを利用した場合だとより簡単に質問できますしエージェント自体が知っていることもあらうでしょう。直接応募した際も、質問をメールや電話でおこない、解決させましょう。

また、どうしても給与をあげてほしい、○○してほしい、という希望もあれば、先方に伝えることも良いと思います。無理な場合ははっきりと担当者から言われるはずです。

③とは言っても

『内定がでる』ということは面接を何度か経験した、ということです。その企業にも何度か足を運び、面接の場でもあなたは手ごたえを感じたはずです。面接に応じて企業に足を運んだということは先方からするとあなたはほぼ入社してくれると思っているでしょう。最終面接で、給与面など具体的な点を確認されることも多かったです。

その段階段階で、あなたがこの企業に入社する気がない、と判断した場合は早めの辞退を行うことがお互いにハッピーになるところでしょう。

さいごに

わたしも内定を得た後に悩んだことが何度かあります。もちろん、やりたい仕事でステップを踏んできたわけですが。

うち一社はどうしても待遇面が納得できず、メールでの交渉を何度か繰り返し、どうしても希望が通らないことが分かったうえでの内定辞退でした。求人情報の記載と異なったことが問題でしたが。

その他にも、内定を得た後で、あの質問をしておけば良かった、と後悔したこともあります。メールで質問し解決はしましたが、面接の場だとより詳しく聞くことが出来たことでしょう。

最終的な転職活動のゴールを正確にするためにも、しっかりとひとつひとつのステップの中で、企業を判断していきながら、時間を無駄にしないように進めていって頂きたいです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職に必要なのは「決心」すること

会社を退職したい、退職せざるを得ない、そういう思いの方がおられると思います。 しかし、そうは思っていても、一度就職した会社を退職する事はそう簡単にできるものではありません。実現するには強い決心が必要になります。

jobdesk / 4595 view

ライバルに差をつける志望動機の書き方

志望動機を書く時に抽象的な表現になってしまいがちですが、ここはライバルに差をつけるために自分の言葉で表現することを心掛けましょう。 そのためには、求人内容をしっかりと理解して自分の経験をどう活かせるのか具体的にイメージできるようにしましょう。 次にその書き方の切り口をいくつかご紹介します。

転職アタッカー / 1328 view

面接官はお見通し!?ウソっぽい印象を与えてしまう志望動機とは!

転職の際の王道的質問が志望動機。 9割9分、聞かれる質問でその答え次第によっては合否が決まるとの声も。 ここでは理想的な志望動機とともに、嘘っぽい印象を与えてしまう志望動機についてもご紹介していきます。

Haruno / 39955 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ