1.はじめに

あなたの学歴、職務経験を記載しましょう。簡潔に記載することがベストでしょう。卒業や入学の年月、誤字脱字に注意しましょう。ただ、担当者がこの際チェックするポイントはやはり高校卒業以降、これまでの職歴でしょう。マイナス印象となるものとしては極端に短い職務経歴や方向性がバラバラな内容はあまり好まれないようです。もし、なにかマイナス要素がある点があるのであれば、備考欄や、補足をつけるなど、担当者がみて納得できるものにしましょう。これは本番の面接に結び付けるための大切なステップです。

2.写真

職種にもよりますが、汚いより綺麗な方がいいのはもちろんです。好印象を与え、かつ仕事ができそうな表情をしている写真を撮りましょう。服装はスーツが良いでしょう。

3.資格欄

応募するポジションにとって強みとなるものがあれば、目立つように記載しましょう。関連ない資格に関しても記載して問題ありません。面接の場でなぜその資格を取得したのか質問されることもあります。

4.志望動機

ここが何より担当者がチェックするポイントでしょう。これまでのキャリア、応募企業で活かせる強みを思う存分アピールしましょう。企業の募集要項、企業研究を十分に行った上で、先方が求めている募集要項の人物像に近づけた形で記載しましょう。

5.備考・補足

フォーマット上でアピール出来ていない点や必要事項などを短く記載致しましょう。
また、通勤時間や扶養者についてもきちんと正確に埋める必要があります。

さいごに

担当者が履歴書に目を通す時間は数分です。数多くある書類の中からある程度決まった割合の候補を選ぶ必要があります。その中に入るためにも、簡潔な好感の持てる文章、ポジションへの意欲、強みをしっかり伝えるべきです。そして、あなたこそがその人物に相応しい、自分を採用するとこんなメリットがある、ということを決まったフォーマットの中に記載しましょう。また、手書きの場合は丁寧に記載することは当然のことです。

今後、面接に通過することになった際は、この書類を元に面接担当者と話をする必要があります。面接の場で、書面に記載した内容に紐づきアピールできるように、その大切なキーとなるような履歴書作成を行いましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

そんなことも書いて良いの!?受かる職務経歴書の書き方

履歴書と共に提出が必須となっている職務経歴書。 職務経歴書の書き方に規定はありません。そもそも販売されている職務経歴書も種類によって記入欄がバラバラですからね。つまり自分の好きなようにアピールして全然問題ないんです!具体的にどういった記述をしていけばよいかご紹介していきましょう。

転職エージェントガール / 1801 view

職務要約の例文〜土木編〜

ここでは建築土木関連業者に勤めていた方の参考になる職務経歴書サンプルを紹介します。 「いざ職務経歴書に記載するとなると、どのように記載すれば良いのか分からない」というケースも多々あるでしょう。 簡潔にまとめることで伝わりやすい職務経歴書が作成できます。

転職さん / 2495 view

職務要約の例文〜医療編〜

ここでは医療関係の仕事をしていた方がどのように職務経歴書を書けば良いのかサンプルを用いて紹介していきます。 仕事内容やどんな病院に勤めてたのかを明確に記載することで、知識やスキルを伝えることができます。 自分の経験を伝えるには具体例を出すのも良いでしょう。

転職さん / 1655 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ