応募者の特徴を把握する性格適性検査

筆記試験が行われる場合、性格適性検査はほぼ必ず実施され、加えて能力適性検査が行われる場合もあります。

性格適性検査とは、その人の行動規範や嗜好、考え方の傾向などを把握するための検査です。

応募者がどんな特徴を持っているか、その特徴は企業そのものや職場の雰囲気にマッチしているかといった適合性を判断するのです。
この性格適性検査の結果を踏まえて面接試験が実施されることもあるので、正直に答えないと面接での発言と整合性がとれず、「自分を偽る傾向にある」と判断されて選考に落ちてしまうこともあるので、深く考えずに自分の感覚をそのまま回答とすることが重要です。

能力適性検査は技術職の募集で行われることがほとんどです。どんな職場でも必要とされる文章の理解能力や数値計算を始めとする数的処理能力、さらには論理的思考能力などが判断されます。
新卒採用時とは異なり、転職の場合は培ってきた技術を活かす能力や職務経験が評価されます。この検査ではそういった面が顕著に表れるので、選考に際して重要な要素になるのです。

常識力を判断する一般教養試験

また、専門的な知識や語彙を問う専門試験や、常識的な事柄を知っているかを判断する一般教養試験が行われる場合もあります。
専門試験はソフトウェア開発や生産技術、品質管理など応募者が採用された場合に任せたい業務に関する専門知識が問われます。
この試験が行われる場合、選考における比重が高いことが多いです。仮に他の試験で評価が低くとも、この専門試験によって挽回することが可能です。

一般教養試験は、政治や経済、国際情勢といった時事問題や、漢字能力や簡単な数学能力を測る教養問題などがあります。こういった筆記試験は事前に準備することが可能なものもあります。それが能力適性検査と専門試験、そして一般教養試験です。
能力適性検査は、新卒向けの採用試験や公務員試験でも同じような問題が出題されるため、そういった試験のための問題集で予習することができます。
また、専門試験は自分が今まで培ってきた知識を整理し、文章で表現できるようにしておきましょう。

まとめ

一般教養試験は直前に対策することは簡単ではありませんが、日頃から新聞やニュースに目を通し、様々な事柄に関心を持っておけば自然と身についているものです。
もし自信がなければ、新聞の見出し記事だけでも復習したり、時事問題を扱うウェブサイトで勉強することが効果的だと言えます。

こういった筆記試験は、面接試験では分からない能力が試されます。書類選考と面接試験、そして筆記試験の選考における割合は会社によって様々ですが、自分の能力をアピールするための重要な試験です。しっかりと対策を立てて臨みましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職サイトで人気の5つのサービスを比較してみた!

ここでは会員数の多い転職サイト5つをピックアップして、それぞれの基本情報を比較してみました。 自分にとってメリットがあると感じたものに登録すれば、希望にあった求人が見つかる可能性が高いでしょう。 「リクナビNEXTに登録しておけば大丈夫」という考えはキケンかも!?

キャリアエージェント / 1103 view

派遣社員から正社員になる方法を流れに沿ってまとめてみた

派遣社員から正社員になるにはいくつかのハードルを越えていかなければいけません。 誰しもが正社員になれるわけではないのが現状です。 ここでは派遣社員から正社員になるまでどのような手続きが必要で誰に伝えていけばよいのかなど、ご紹介していきましょう。

転職さん / 4285 view

転職のチャンス!?有効求人倍率が上昇傾向に!

近年、景気回復が叫ばれていて2009年を最後に有効求人倍率が回復傾向にあります。 有効求人倍率は高ければ高いほど応募者にとって有利な状況を示す割合。 悪い時は0.5倍の水準になっていた時期もありましたが、今は1.24倍まで回復しています。 有効求人倍率について詳しく見ていきましょう!

転職さん / 2805 view

転職忍者

私が体験した転職体験から記事を書いていきたいと思います。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ