30代で転職するコツとは

30代で転職を実現したい場合、ある程度、前職での給料を考慮してくれる企業が多いとはいえ、収入がダウンしたり、役職が無くなってしまうことはつきものです。
それでもやりがいや仕事環境の変化を求め、30代で転職する方が多くいます。

ちょうど年齢的には管理職としての能力を求められる年代に入ってきますので、経験がない場合はどうしても待遇面で劣るのは避けられないでしょう。
そういったプライドを捨てて、受け入れる必要が出てきます。

どんな職種への転職が良い?

30代で転職するならば技術を必要とする職業への転職は厳しいと言わざる得ません。
例えば、資格や免許を活かした設計士やデザイン系の仕事などはちょっと未経験からの転職では無理があります。他にも調理師やエンジニア、クリエイティブ系の仕事は厳しいと言わざる得ません。

ではどんな仕事が良いかというと、人材不足に陥っていて、ある程度の年齢でも違和感のない仕事です。
そうなると営業や販売といった仕事が30代でも重宝されます。むしろそういった接客業は30代や40代の方が相手に安心感を与え、若い人には無い強みがあります。

もちろんいきなり接客業をしても、経験の浅さが出てしまいますから、しばらくは先輩に対応やノウハウなどを学んでスキルアップすることが必要不可欠となります。

営業や販売にもいろいろな仕事がある

営業や販売の実務経験がなくても、自分の趣味やプライベートでの経験を生かして、その職業へ転職を図ることは十分に可能です。
例えば、家を購入した経験があるという方は、多くの不動産屋さんを調べたり、住宅関連の情報を集めたはずです。

そういった情報を生かし、不動産業界の営業職として活躍の場を見い出すのも一つの手段です。
これは不動産業界だけではなく、アパレル業界や出版業界、広告業界など他の分野にも精通した知識があれば、転職を考える一つの手段となるはずです。

まとめ

以上、転職で30代が重宝される職種についてご紹介してきました。
30代でも自分の人生経験を生かして転職がまだまだ可能な年代です。
異業種であっても、その分野に関する知識やノウハウ、これまで勉強してきた知識をしっかりと面接時に伝えることができれば、転職が可能と言えますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

残業が多い職種、休日が少ない職種とは?

労働者が非常に疲弊して退職してしまうケースが多いのがサービス業やメディア関連。 具体的にどれぐらいの残業時間や休日日数となっているのか詳しくご紹介していきましょう。年間休日が100日を切ってしまう職種も・・・。

Haruno / 6640 view

エステティシャンに転職するのは資格が要らないってホント?

未経験からでも転職が可能といわれるエステティシャン。 エステティシャンは入社前の研修を受ければ異業種からの挑戦も可能です。転職する時に特に必要な資格はないので、全く関係ない仕事に携わっていた方でもエステティシャンになれる可能性が十分にあるんです!

転職さん / 705 view

事務職は転職活動で何をアピールすればいいの?

事務職への転職を希望している方は職務経歴書の記載や面接で困ってしまうことがよくありますね。 「特にアピールする材料がない」、「ワードやエクセルは使えるけどそれ以上メリットとなることが思いつかない」、「他人と差別化を図るものが自分にはない」、など何をアピールすればよいか分からないケースがあります。

転職エージェントガール / 2127 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ