企業情報を知らない

応募先の企業情報をしっかりと調べていないと、本当に興味があるのかと思われてしまいます。
どのような部署があってどんな仕事をしているのか、どの企業と提携して商品の開発しているのかなど、無知の状態で行くのはご法度です。

また、「実際に販売している商品を使ったことがない」、あるいは「知らない」というのもマイナスに響くでしょう。

「実際に使ったこともないのになぜ興味を持ったの・・・?」と企業側に思われてしまいます。
創業年数、従業員数など細かく覚える必要はありませんが、その会社の代表的な商品となっているものぐらいはしっかりと調べた方が良いでしょう。

企業に対する興味や想いが伝わってこない

「弊社を希望した理由は」、「弊社の商品についてどう思いますか?」などの質問はもはや鉄板です。
その答えを事前に準備しておかないと興味がないと思われ、高い確率で落ちてしまいます。
もしも、「まだ使ったことがないので今度使ってみます」などの回答だと、今まで興味がなかったと言っているようなものです。

例えば、「私は普段から御社の商品を使っているのですが、たまたまその商品が無かったときに他の業者の製品を使ったのですが、使い心地に違いがあり、御社の製品のこだわりを改めて実感し、とても魅力に感じました。」など実体験を基にしたエピソードがあると、良い印象を与えることができます。

第1希望ではないというような言動を残してしまう

転職者は同時進行で多数の面接をするというのは、決して珍しくありません。
ただ、それを面接時にうまく伝えないとマイナスのイメージを与えてしまいます。

うっかり口を滑らせて、「興味のある企業の面接がこれからなので、内定をもらっても保留したいと考えています」なんて発言したら、その時点でアウトですね。

もし本音はそうだとしてもオブラートに包んで、「他の企業の面接日程がすでに決まっておりますので返答は後日という形でもよろしいでしょうか」というような丁寧な言い方で対応すべきでしょう。

まとめ

以上、面接てありがちな失敗談3つをご紹介しました。
面接は数打てば当たるという考えももちろんあるのですが、その企業一つ一つをしっかり調べるというところをおろそかにしてしまうと、いくら面接を受けても内定を得ることはできません。
その点をしっかり事前準備し、面接に臨むと良いでしょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

仕事しながらの転職活動は面接のスケジューリングが難しい

転職とは人生の中で最も大事な決断の一つだが、残念ながら失敗してしまうこともある。 ここでは、仕事しながらの転職活動でとても大事な「面接のスケジューリング」について話しておこう。 仕事を続けながら転職する予定の人は、ぜひ参考にして欲しい。

Mr.転職エージェント / 2526 view

転職の面接で給料に不満があるということは言っても良い?

仕事を辞める理由の上位にランキングされている「給料への不満」。 収入がなかなか上がらずに転職を図っている方も多いでしょう。しかし面接時に給料に不満があったということを口に出してしまうのは、気が引ける部分があります。 ここでは給料の不満をどのように伝えるのが適切かご紹介していきます。

転職エージェントガール / 14063 view

面接は最後の印象が大事!?ピークエンド効果とは

ピークエンド効果という言葉を聞いたことがありますか? 人間は話や物語など最後の方しか記憶に残らないという理論です。ドラマを見ていたり、スポーツを見ていても最後の盛り上がるシーンしか覚えていないという人がいます。それと同様に面接でも最後の印象が面接官の記憶に残ると言われています。

転職エージェントガール / 1616 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ