パターン1.人気企業が募集している

転職市場の中ではよく売り手と買い手という言葉があります。例えば、景気が良くて求人動向倍率が高い場合には、志願者から見ると売り手市場ということになります。つまり志願者の数に対して企業全体が採用したい人数が多いということです。不景気の場合は企業の採用力が低くなりますので、この逆の現象が起きます。

さて、このように一般的には景気や経済状況によって需給バランスが変動するものですが、一方で一部の超人気企業では常に志願者の数が求人数を上回っています。そのため、オープンな求人にしてしまうと応募が殺到してしまって選考が機能しなくなってしまうのです。そこで、クローズドの求人にして採用の見込みがある人材にだけ転職エージェントに推薦してもらうのです。いわば転職エージェントの目利き力にお金を払っているのです。非公開にすることで、実際に面接に来る志願者を厳選できるという人気企業ならではの課題を解決できるのです。

パターン2.本当に外に出せない事情がある

企業の経営戦略に直結する求人は一般的に非公開にされます。非公開にする理由はいくつかあります。

たとえば新規事業を立ち上げる際のリーダーをヘッドハンティングするケース。あるいは事業の提携(M&A)をする場合のキーマンを採用する場合などです。自分の企業の社員やライバル企業に悟られないようするためにあえて非公開にするのです。

あるいは、役員クラスや幹部候補生を公に募集する際もやはり同様に非公開求人となります。株価に影響を与えてしまうケースもあることから、これらは本当に極秘に進められるのです。

パターン3.転職エージェントの宣伝文句

実際にはこのパターンもかなり多いことを知っておかなければなりません。転職エージェントは、転職志願者がエントリーしてくれて初めて成り立つ存在です。エージェントにとって商品の位置づけである志願者を多く集めるためには自社が有力な案件を扱っていることをアピールするのが一番ですが、これはなかなか難しいものです。そこで、エントリーして初めて明かされる非公開求人の割合を多くすることで魅力的な転職エージェントであることを暗に対外的に訴えているのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

やりたい仕事が無い!?自分に合った会社・職種の選び方とは?

小さい頃に思い描いていた仕事の就職が難しいと分かってくると、現実的にどうしても選択肢が狭まってきてしまいますね。 そこで、思い切って転職を考えている方は自分1人で悩むのではなく、転職のエキスパートの意見を聞いてやりたい仕事を改めて探すというのも一つの手段です。

Haruno / 50505 view

転職エージェントとの面談における心得

転職エージェントに登録すると、まずは実際にその会社に出向いて面談を受けることになります。エントリー者は何百、何千という単位になりますので、近所まで出向いてきてくれることは稀で、日程を調整してこちらから訪問することになります。はじめての転職活動において、最初の面談に臨む際にはどのような点を考慮しておけば良いのでしょうか?心得を解説したいと思います。

現転職エージェントの為になる話 / 62366 view

面倒な電話が鳴り止まない!?失敗しない転職エージェント選びとは!

転職をスムーズに行う際に利用する転職エージェント。その転職エージェント選びに失敗すると、しつこく電話がかかってきたりといったトラブルも存在します。ここでは安心できる転職エージェント選びをご紹介していきましょう。

Haruno / 10810 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ