1.給料をアップさせたい

世間では「アベノミクス」が話題となっており、企業のベアや賞与増などが注目を浴び始めています。けれども、所詮この手の話は一過性のものであったり、給与が上昇しても数万円程度のものです。実際の給料はやはり会社によって様々であるというのが実際のところです。これは30代に最も多い転職理由です。なぜならば、20代のうちは年次に応じて給与カーブが着実に上昇していき、特に独身であれば毎年自由に使えるお金が増えていくことを実感できます。しかし、30代になって結婚して子供も持つようになると、将来のための貯蓄なども考え始め、自分に使えるお金が減ってきて、次第に不自由を感じるようになります。この状態を抜本的に改善するための方法論がまさに転職なのです。

ただし、この給料アップへのこだわりというものは今現在で感じていない不自由、あるいは満足している部分を奪い去るリスクがあるのです。給料はアップして自分の自由になるお金は得たけれど、残業時間が増えて自分の自由になる時間を失ってしまったということがしばしば発生します。ですから、冷静に自分の今の状況を分析してから動き出すようにしましょう。

2.思ってた会社と全然違った

これは20代の人に多い動機です。就職活動をすると多くは人事部の採用チームと相対することになりますが、彼らは基本的に自社の良い面を中心に説明します。優秀な人材を集めることがミッションだからです。ところが、実際に入社してみると全く違った側面が存在することを知ります。これは会社研究が不足していたり、大学OBや社員の生の情報を入手していなかったことが原因の一端となります。そのため、もう一度就職活動にトライして、今度こそ納得のいく結果を得たいと考えるのです。これがまさに第二新卒の世代に多い転職の動機となります。

3.人間関係が上手くいかない

これは特に女性に多い転職動機です。しかし、年々多くなってきています。転職することのハードルが徐々に下がってきている昨今では、以前は我慢していた人間関係という漠然とした話でも転職の動機となりえるのです。ただし、注意したいのはやはり不満については身近なところから解決していくのがセオリーだということです。まずは上司に相談してみましょう。それでもダメなら人事に相談して社内の異動を希望しましょう。転職だけが解決の道ではないということです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

悪い印象を与えない退職理由とは!これを伝えれば問題ナシ!?

転職の際によく聞かれる質問が、「前職を辞めた理由」です。 そこで応募先企業にとって、「それならばしょうがないかな」と思わせるような退職理由を伝えることでマイナスイメージを与えずに済みます。 具体的にどのような退職理由がよいのでしょうか。詳しく検証していきましょう。

Haruno / 1455 view

再就職先に前職の退職理由はバレてしまうの?

ここでは再就職先に前職の退職理由はバレてしまうのか解説していきます。 「バレなければ良い!」とここで解説するわけではありませんが、実際に前職を辞めた理由がどれぐらいの可能性で知れ渡ってしまうのか見ていきましょう!

転職さん / 5458 view

現転職エージェントが紹介する実際にあった退職理由 -エンジニア編-

退職理由は現職への不満とステップアップの2種類に大別されますが、実際に退職に至るまでの経緯は人によって様々です。どのような心情を経て決意するのかを実際の経験談をもとに紹介したいと思います。ご紹介するのはエンジニアの方の退職経緯です。

現転職エージェントの為になる話 / 23467 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ