20代の転職ポイント

転職市場では「3年目以上」という条件があると聞いたことがあるかと思います。このように言われるのには理由があります。3年目以上と言われる理由は、主に日本のことわざにある「石の上にも3年」から来ています。3というキリの良い数字を重んじているのです。ですから、最低でも3年間は我慢してみましょう。入社してすぐに転職したいと思うかもしれません。そこをじっと踏ん張ってみるのです。そうすることで門前払いを防ぐことができます。そして、20代は伸び白がある人材であることをアピールすることが採用の最大のポイントです。吸収力、勉強する意欲を持っている人間であることを企業に伝えるようにしましょう。

30代の転職ポイント

もっとも転職を希望する母数が多いのがこの30代です。転職の適齢期といってもよい年代なのでしょうが、その分競争率が高いため他者との差別化が重要なポイントです。特に企業側の評価が高まるのはリーダー経験です。組織をマネジメントする中で苦労したこと、乗り越えたことを実経験でアピールするのです。ここでオリジナリティーを伝えることができればグッと採用の可能性が高まるのです。

40代の転職ポイント

転職のリミットは「35歳」という定説があります。募集条件に35歳未満としている企業が多いのは、人間の能力の成長が35歳を境に止まり、減退していくと言われるためです。どの企業も若すぎず、高齢すぎず、ちょうどよい年代で、体力、気力ともに充実した20代後半〜30代前半の人をほしがります。では、40代の転職はNGなのでしょうか?答えはNoです。もちろん条件はありますが、十分に転職可能です。

たとえばシステムエンジニアの事例です。この場合、上流工程(いわゆる要件定義や設計の工程)をリーダー的な立場で携わった経験がある人が好まれます。実はシステム業界で上流工程で品質の高いアウトプットを出せるエンジニアは意外と少ないものなのです。ですから、大型のプロジェクトなどでは非常に貴重な存在なのです。

また、特定のメーカーの製品や技術に精通しているのも強みです。このような志願者はスペシャリストとして採用される可能性が高いです。40代のポイントはまさにこれらの経験値をいかにアピールできるかにかかっています。このポイントはどの業界でも同じです。20代、30代では決して手に入れられないですし、いざ入社した後にお手本的な存在となりえるのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

勘違いしやすい求人情報の用語とは

求人情報を見ていると曖昧な表現で記載されている用語があります。 「入社後に思ったような環境ではなかった」ということにならないようにしっかりと用語の意味を理解しておきましょう。 ここでは間違えやすい用語や略語についてピックアップしてきます。

転職さん / 1736 view

転職で筆記試験はどのくらいあるの?

ここでは転職の際に筆記試験はあるのかどうか、調査した結果を紹介します。 職種によって筆記試験が高い確率で行われています。 自分が希望する職種は筆記試験が多いのか、そして筆記試験の問題はどのようなものがあるのか紹介していきましょう。

転職さん / 4085 view

仕事をしながらの転職活動には強靭な精神力が必要である

現在の仕事をしながら、次の転職先を探して活動するというのは、身体的にも精神的にも本当に大変です。特に、現在の会社でトラブルが発生すると転職活動どころではないでしょう。まさに強靭な精神力が必要な1例を紹介しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 23222 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ