1.論理の一貫性が何より大事

面接の二大骨子は「自己PR」と「志望動機」です。これらはそれぞれ十分に練りこまれている必要がありますが、同時に密接にリンクしていなければなりません。この論理的に一貫性の保たれている内容に磨き上げるのが非常に難しいのです。

たとえば自分の強みが企画力であるにもかかわらず、高度な専門性を要するスペシャリスト的な業務(経理や研究職など)を志望してしまっているケースです。2つは直接的にリンクしていないため、企業の担当者から見ると若干ちぐはぐに見えるのです。スペシャリスト志向なら、前提となるスキルや学習意欲をアピールしなければなりません。

2.なぜ「転職」というツールを用いるのかは必ず問われる

転職を志す人は誰しも現在の仕事、会社に課題を抱えているのです。これは決してひとりよがりな不満ではありません。誰しも納得ができる不満でなければなりません。そして、それは自分が目指す将来像を実現するのが現在の環境では難しい、あるいは遠回りとなる、という前向きな不満でなければなりません。

もちろん、本音の部分では待遇であったり、残業時間であったり、通勤時間だったりといったど真ん中の理由ではないのかもしれません。そして、そのようなことは面接官もわかっているのです。大事なのは、建前の部分です。このような少し次元の低い不満を表に出さずに、人間的に好感のもてる課題を言えることことです。会社に入っても同様に本音の部分、裏の部分を隠して対処していかなければならないのです。そして面接官もそれを見ているのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接官のタイプ別攻略法!

転職活動の面接では、人事部門、採用部門、役員のそれぞれに対して良い印象を持たれなければなりません。いわば相性というものが存在します。ここでは、面接官のタイプを分類し、それぞれどのように応対すれば良いのかを解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 213010 view

転職面接の身だしなみチェック~女性NG編~

これは面接にはどう考えても向いていない!という服装や髪形で訪れる女性はかなりいます。特に派手にし過ぎているつもりもないのに、何故なのでしょう?普通にしていても、面接ではNGということもあるのです。 それはどのようなことなのか、一つ一つ見ていきましょう。

転職SE / 8203 view

どんな会社でも面接時によくある7つの質問とは?

どんな会社でも鉄板のように質問されるものがあります。 事前にその答えを用意しておくと面接時にあたふたすることなく、回答することができます。 ここでは特に多い7つの質問をピックアップしてご紹介していきましょう。

転職エージェントガール / 865 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ