1.論理の一貫性が何より大事

面接の二大骨子は「自己PR」と「志望動機」です。これらはそれぞれ十分に練りこまれている必要がありますが、同時に密接にリンクしていなければなりません。この論理的に一貫性の保たれている内容に磨き上げるのが非常に難しいのです。

たとえば自分の強みが企画力であるにもかかわらず、高度な専門性を要するスペシャリスト的な業務(経理や研究職など)を志望してしまっているケースです。2つは直接的にリンクしていないため、企業の担当者から見ると若干ちぐはぐに見えるのです。スペシャリスト志向なら、前提となるスキルや学習意欲をアピールしなければなりません。

2.なぜ「転職」というツールを用いるのかは必ず問われる

転職を志す人は誰しも現在の仕事、会社に課題を抱えているのです。これは決してひとりよがりな不満ではありません。誰しも納得ができる不満でなければなりません。そして、それは自分が目指す将来像を実現するのが現在の環境では難しい、あるいは遠回りとなる、という前向きな不満でなければなりません。

もちろん、本音の部分では待遇であったり、残業時間であったり、通勤時間だったりといったど真ん中の理由ではないのかもしれません。そして、そのようなことは面接官もわかっているのです。大事なのは、建前の部分です。このような少し次元の低い不満を表に出さずに、人間的に好感のもてる課題を言えることことです。会社に入っても同様に本音の部分、裏の部分を隠して対処していかなければならないのです。そして面接官もそれを見ているのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職の際、面接で聞くべき3つの質問とは!?

就職面接では、内定を貰いたいがために自分をアピールすることだけにとらわれがち。 しかし、面接ではこちらからも質問をしたり、疑問を投げかけても良い場所です。 だいたいは最後に質疑応答に答えてくれる時間が設けられますので、そこでいくつか質問してみましょう。

Haruno / 20945 view

1次面接成功の鍵は自己PRにあり!面接官はプロとは限らない

それは、間違いではありませんが実は、面接官にとっても面接は難関なのです。 なぜなら、1次面接などは面接に慣れていない現場の担当者が面接に入るケースがよくあるからです。 この場合、1次面接突破のポイントは2つあります。

転職アタッカー / 1980 view

中途採用の最終面接は通過率が高いってホント?

最終面接まで行くと、ほとんど確認のみで内定通知をもらえる可能性が高いと言う人もいます。 一次面接や二次面接とは違い、見込みがあって最終面接までいっているわけですから、確かにそのような意見があっておかしくありません。 しかし「最終面接まで通過=内定率が高い」というわけではありません。

転職さん / 157896 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ