1.企業が欲しい人材にマッチしているのかを確認

内定を取れない場合、自分が持っている経験とスキル、そして希望する職種を前面に押し出し過ぎているケースがあります。一言でいうと、企業がほしい人材と自分という人材もしくは自分がなりたい人材の姿がミスマッチを起こしている状態です。これは決して本人の素質に問題があるわけではありません。企業がほしい人材の姿に映っていないだけです。

この状態を抜け出すためには、自分の履歴書と面接での回答内容を客観的に見てみることが近道です。自分が企業の採用担当者になったつもりで、採用したい人材かを評価するのです。その際、「利益をもたらすスキルがあるか?」「リーダーとして組織を牽引できる存在か?」「すぐに職場になじめるマインドを持っているか?」という質問を投げかけてみてください。この質問にはYESと答えられるようにならなければなりません。そして、YESである根拠を履歴書と面接での応対に散りばめるのです。

2.自分の希望は少し控えめに

前項でも書いたように、人材像のミスマッチを回避することがスランプ脱出のカギです。特に、自分が入りたい部署や仕事内容にこだわり過ぎることはご法度です。転職の募集要項においては、ほとんどの場合で特定の職種を募集しています。営業職ならば法人なのか個人なのか、新規なのか既存なのか、などを詳細に指定しています。

ところが、例え法人営業の既存顧客担当の職種を募集しているとしても、企業側は個人の新規顧客担当からも仕事を取ってこられる人材を募集しているものです。ですから、例え自分の希望が法人営業の既存顧客担当だとしても、それにこだわり過ぎてはいけません。企業側からは活躍の幅の狭い人材と映ってしまうからです。

3.転職エージェントに相談を

自分が客観的な目線で自分を評価するのが難しい人もいることでしょう。その場合は転職エージェントに相談してみるに限ります。彼らは絶対的な味方です。そして、一人でも多くの転職志願者を企業に入社させることをミッションとしています。ですから、なりふり構わず相談して評価してもらってください。履歴書を添削してもらい、模擬面接を複数回重ねることで、企業の採用担当者が評価をしやすい人材像を発信できる資質を養うことができるのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

地元で転職先を探すいい方法は何か無い?Uターン転職って難しい!?

働き盛りの20代は首都圏を中心とした都会で働いて、30代、40代あたりから生まれ育った地元に戻って働きたいという方も多いでしょう。そういった場合に、地元に転職先があるのか不安という声が聞かれます。Uターン転職は可能なのか調べてみました。

Haruno / 20600 view

【実例アリ】転職後に雇用条件が思っていたのと違った!というのはどんなケースがある?

転職する時に確認すべき事はたくさんあります。仕事内容や給料はもちろんですが、雇用条件の確認は意外と忘れがちです。 こちらが「どの職場でもそれくらい大丈夫だろう」と思うような雇用条件が、全く満たされていなかったりします。それはどのようなケースなのか、具体例でお話します。

テンキンマン / 2829 view

内定を頂いたけれども給与等の条件で迷っているあなたに

内定がいくつもあって嬉しいがどうしていいのか分からない!そんな嬉しい響きを目指して転職活動を進めてきました。しかし、いざ内定が出ると迷う迷う。 初めから本命が決まっていれば良いのですが、そうでない場合、あなたはどうやって決めますか?

ママエージェント / 4849 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ