1.企業が欲しい人材にマッチしているのかを確認

内定を取れない場合、自分が持っている経験とスキル、そして希望する職種を前面に押し出し過ぎているケースがあります。一言でいうと、企業がほしい人材と自分という人材もしくは自分がなりたい人材の姿がミスマッチを起こしている状態です。これは決して本人の素質に問題があるわけではありません。企業がほしい人材の姿に映っていないだけです。

この状態を抜け出すためには、自分の履歴書と面接での回答内容を客観的に見てみることが近道です。自分が企業の採用担当者になったつもりで、採用したい人材かを評価するのです。その際、「利益をもたらすスキルがあるか?」「リーダーとして組織を牽引できる存在か?」「すぐに職場になじめるマインドを持っているか?」という質問を投げかけてみてください。この質問にはYESと答えられるようにならなければなりません。そして、YESである根拠を履歴書と面接での応対に散りばめるのです。

2.自分の希望は少し控えめに

前項でも書いたように、人材像のミスマッチを回避することがスランプ脱出のカギです。特に、自分が入りたい部署や仕事内容にこだわり過ぎることはご法度です。転職の募集要項においては、ほとんどの場合で特定の職種を募集しています。営業職ならば法人なのか個人なのか、新規なのか既存なのか、などを詳細に指定しています。

ところが、例え法人営業の既存顧客担当の職種を募集しているとしても、企業側は個人の新規顧客担当からも仕事を取ってこられる人材を募集しているものです。ですから、例え自分の希望が法人営業の既存顧客担当だとしても、それにこだわり過ぎてはいけません。企業側からは活躍の幅の狭い人材と映ってしまうからです。

3.転職エージェントに相談を

自分が客観的な目線で自分を評価するのが難しい人もいることでしょう。その場合は転職エージェントに相談してみるに限ります。彼らは絶対的な味方です。そして、一人でも多くの転職志願者を企業に入社させることをミッションとしています。ですから、なりふり構わず相談して評価してもらってください。履歴書を添削してもらい、模擬面接を複数回重ねることで、企業の採用担当者が評価をしやすい人材像を発信できる資質を養うことができるのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

SPIや適性検査で不採用にならない為に、転職活動における筆記試験の対策

転職活動とはいえども、筆記試験は存在します。基本的には人物本位で経歴重視と言われるものの、筆記試験を甘く見てかかると思わぬ落とし穴にはまってしまいます。ここできちんと筆記試験の中身を把握し、適切な対策を施しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 4316 view

ブラック企業に転職しないように気をつけたい5つのポイントとは

転職は非常に難しいもので実際に勤めてみてから分かる事ってたくさんありますね。 「上司のパワハラが強い」、「休日出勤が度々ある」、「サービス残業で給料に反映されない」など。 こういったブラック企業に転職しないためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

転職さん / 6993 view

ハローワークではなく転職サービスを利用すると年収が高くなる?

ハローワークと転職サービス。 どちらを利用するにしても求職者は無料で利用できるため、そこまで変わらないのではないかと思う人もいます。 しかし年収アップを期待するなら、実は転職サービスの方が確率が高いと言えます。 その実態に迫ってみましょう!

Haruno / 969 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ