なぜ選んだのか

転職をする際に数多くの求人を見ると思いますが、採用担当者も同じように数多くの応募書類をチェックします。

そして、その中から採用したいと思う人を選びますが、そこには必ず選んだ理由があります。どんな人が採用したいかというイメージがあってそのイメージに一番近い人が
採用されます。同じように数多くある求人の中から応募した企業に対してそれぞれの応募した理由があるはずです。その気持ちを自分の言葉でまずはノートに書き出してみましょう。
イメージとしては、その企業の良いところを箇条書きで挙げていくと比較的取り組みやすいのではないでしょうか。

そして、自分の希望や経験とマッチした点が多い企業に応募をしているはずです。
給与や休日といった点も大事な内容ではありますが、志望動機として書く際には仕事の内容やこれから経験していく業務に関してなどの職務内容に関連したことを中心に書くように意識してください。

どう活かせるのか

志望動機を書く際によく見かけるのが自分のこれまでの経験を活かせると思ったので志望しましたという記載です。
採用担当者からすれば経験を活かして会社に貢献してくれる人材であれば採用したいと考えているというのが本音ですがどんな経験をどう活かせるのかということが伝わってこないと採用したいとは思わないというのも本音です。

求人内容をしっかりとチェックすると、企業側がどのような業務を任せようと思っていてどんな経験が必要でどんなことを期待しているかということがイメージできると思います。この企業が求める人物像と自分の一致するポイントをまずはノートに書き出してみましょう。そして、そのポイントごとに具体的に経験した事例を交えて記載することができれば説得力がアップします。
その結果、採用担当者に入社後の活躍する姿が伝わればきっと良い結果につながるでしょう。

志望動機を通じて自分をアピール

志望動機は、自分の経験やこれから挑戦したいことなどを様々な角度から掘り下げて、その会社を選んだ理由と結びつけながら伝えますが、ただ理由を並べるのではなく志望動機を通じて自分をアピールするということを意識して書くようにするとより説得力が上がります。
自分をアピールするというのは、この求人内容の場合は自分が一番マッチした人材ですということを採用担当者に伝えるということです。

さいごに

志望動機を書く場合は、誰もが書きそうな抽象的な表現はできるだけ避けて自分の言葉で具体的な事例を用いながら記載することを意識しましょう。
企業と自分の両方を客観的に分析して共通点を探すようにすることで、うまく志望動機につなげていきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

志望動機はどう書くべきか?

「志望動機」と「自己分析」は就職活動の2大テーマですね!今回は志望動機について企業の人事担当者がどのような点を見ながら評価を行っているか考えてみましょう。 志望動機は企業側の立場からすると「なんでこの人はうちの会社を選んでくれたんだろう?」ということを確認するための重要な資料になります。

テンキンマン / 1325 view

面接官はお見通し!?ウソっぽい印象を与えてしまう志望動機とは!

転職の際の王道的質問が志望動機。 9割9分、聞かれる質問でその答え次第によっては合否が決まるとの声も。 ここでは理想的な志望動機とともに、嘘っぽい印象を与えてしまう志望動機についてもご紹介していきます。

Haruno / 40072 view

受かりやすい志望動機ってあるの!?その例文とは!

人によっては何十社も面接を受けるため、志望動機がおろそかになりがちな方もいます。時には当たり障りのない志望動機を使い回してしまうなんてことも。 しかしその企業に合った志望動機を記載しなければ企業側に気持ちが伝わりません。 ここでは、最適な志望動機についてご紹介していきましょう。

Haruno / 22430 view

関連するキーワード

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ