過去

どんな志向を持っていてどんな仕事をしてきたのかということを整理しましょう。
就職をする際に人それぞれにさまざまな基準を持っていて、その基準を満たしている会社または職種を選んでいるはずです。
その基準の中には、人それぞれの志向があります。
自分がどのような志向を持っているのかということをまずは、把握することから始めましょう。

次に、これまでに経験した仕事の内容をまとめましょう。
その際に、経験してきた職務内容を時系列にすべて書き出してみるといいでしょう。
その中から自分の強みとなる経験をピックアップしておきましょう。

現在

現在の自分の仕事に対してどんな考えを持っているのかを書き出してみましょう。
その際には、満足している点と不満な点を分けて整理してください。
単純に不満な点が少なければいいとか多ければだめということではありません。

不満な点が一つしかなかったとしても、それがどうしても我慢できないことであれば問題です。
逆に、数が多かったとしても一つ一つはそれほど大きな不満を持っているわけではなければ短期的には問題はあまりないかもしれません。
自分がどんなことに満足感を持ってどんなことに不満を抱くタイプなのかということを客観的に把握するようにしましょう。

将来

過去と現在で整理した内容をふまえて自分が将来どのようになりたいのか、または、どんなふうにはなりたくないのかということを明確にしましょう。
どうなりたいかというのは仕事の内容に限らず、どんな人になりたいのかという気持ちの面も含めて考えてください。
どんなふうになりたくないのかということも同じように仕事の面と気持ちの面も含めて考えてください。

過去と現在の自分についてしっかりと自己分析していれば、将来の自分について明確になってくると思います。
将来の自分を考える際には、転職によって実現したいことに優先順位をつけて整理してください。
また、転職するにあたってどのような条件であれば転職をするのかという基準を明確に自分の中に持つようにしましょう。

さいごに

転職するにあたって転職先候補の選定や職務経歴書などの作成、面接といった流れがありますが、自己分析はこれらの場面で必ず必要になります。
自己分析ができていなければ転職先を選ぶこともできませんし、書類作成や面接においても自分のことをアピールすることができません。
複数の会社から内定を勝ち取る人は、この自己分析がしっかりとできています。
ぜひ、自己分析をしっかりと行い転職を成功させましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

最後の転職にするための心得とは?

心の底から転職をしたいと思う人は少数派のはずです。多くの人は今の会社に定年まで勤めたいと思っていることでしょう。職場環境を変えるということは、これまで積み重ねた経験や人間関係、積み上げてきた社内での実績を一定リセットすることになるからです。では今回が最後の転職にするには何が大事なのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 766 view

転職準備は自己分析をしなければ始まらない

転職準備を始める時、最初にすることは何だと思う?転職先を探す?応募書類を準備する?いや、まずは自己分析だ。 自分に合った転職先を探すのも、応募書類にアピールポイントを書くのも、自分を正しく理解していなければできないからな。

Mr.転職エージェント / 1227 view

【どうやって進める?】自己分析の効果的な行い方

就職活動で2つの難関といえば「志望動機」と「自己分析」の2つではないでしょうか。志望動機は会社に入ってからどのようなことをやれば良いのかといったことを考えていけば良いですが、自己分析については「何からどう始めたら良いのかわからない・・・」という方も多いようです。 ここでは自己分析の具体的な行い方について紹介していきたいと思います。

テンキンマン / 1141 view

関連するキーワード

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ