スケジュールを立てる

退職に向けて必要になる期間を退職想定日から逆算してスケジュールを立てるようにしましょう。

また、就業規則に退職の申し出はいつまでにするのかということが定められている場合もありますので確認しておきましょう。
自分が担当している業務の状況も考慮して、どの程度の期間が必要かということを考えることになりますが、自分の都合だけを押し付けるのではなく会社の状況もふまえた上で退職日をいつにするべきかを考えます。

この際に注意すべき点は、周りへの配慮です。
上司や同僚に迷惑がかからないように引き継ぎ期間はしっかりと設けることで、顧客からの信用がくずれることがないように配慮しましょう。

意思表示

退職の意思表示は、まず上司に口頭で伝えるようにしましょう。
いきなり退職届をつきつけるようなことはお勧めできません。上司と相談した上で退職日を決定するようにしましょう。
ここできちんと上司に相談することが円満退職につながります。

状況によっては自分が思っているよりも長い期間をかけて退職への準備を進めることになるかもしれませんが、特に何も問題がなければ協力するようにしましょう。
一方的な退職の意思表示は円満退職を難しいものにしてしまう恐れがあります。
自分の意思はしっかり伝える必要がありますが、周りに対する配慮は忘れないように注意しましょう。

引き継ぎ

退職が正式に決まって退職日も確定したとしても引き継ぎがきちんと終わるまでは気を抜かないようにしましょう。
なぜなら、円満退職をする上では、引き継ぎというのは非常に重要なポイントだからです。
社内に対しては、上司や同僚なども含めて後任の担当者に業務をしっかりと引き継ぐようにしましょう。

また、社外に対しても後任者と一緒にお世話になった顧客などにはきちんと挨拶をするなどの配慮を行いましょう。
そして、引き継ぎ内容については、できるだけ文書に残すようにしてください。
漏れなどがあってトラブルになるといけませんので書面に残すことによってそのようなミスを防ぐようにします。

さいごに

円満退職の秘訣は、退職スケジュールを明確にして自分の担当業務を後任の担当者や関係者に対して引き継ぐことです。
社内や社外に関係なくしかるべき配慮をして退職に向けて最後まで責任を持って取り組みましょう。
社内・社外を問わず最後まで責任を持って取り組むことで円満退職につなげてください。
そして、結果として円満退職をすることが転職成功へと導いてくれます。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職でブランクが空いた場合の言い訳なんてあるの?

転職をする際にブランクが空けば空くほどその期間について質問される可能性が高くなります。 「その期間何をやっていたんですか?」と聞かれ、どのような回答をすれば悪い印象を与えないのかご紹介していきましょう。

Haruno / 23006 view

退職後のブランクは転職活動に影響するのか

よく退職後のブランクが空きすぎると次の転職に影響する、とは言いますが実際にどうなのでしょうか。

ママエージェント / 1712 view

今の企業を退職するリスク・しないリスク

わたしは転職を2度経験しました。初めの企業は大手で安定していましたが、どうしてもやりたいことが明確になりましたし、給与は一時期下がりましたが、ステップアップすることでそれはカバー出来ました。ずっと退職せずにはじめの企業に居続けたら今のわたしはなかったでしょう。

ママエージェント / 3200 view

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ