40代はなぜ転職が難しい?

40代が敬遠されがちなのは、やはり伸びしろと吸収力という意味で若い年代に劣ってしまうということでしょう。
例えば20代なら2、3回で覚えられる仕事が40代になってくるとその倍以上かかるということもしばしば・・・。

もちろん個人差はありますが、今までの経験が生きにくい新たな会社の場合は作業能率的にどうしても40代は劣ってしまうという傾向が見られます。
仕事能率が悪い割に給与面では20代以上のものを提示しないと、なかなか納得いく40代がいないですから、必然的に転職内定率も下がってしまう傾向があります。

年収の折り合いがつかない

40代ともなれば年収400万円程度は欲しいと考えている方も少なくないでしょう。
しかし、いきなり採用する場合に能力的に未知数な人間にいきなり年収400万円を支払える企業もそんなに多くはありません。
特に中小企業の場合は年収300万円台も非常に多いので、応募する40代のほうも納得できないという意思があるため、なかなか転職がうまくいかないという事情もあります。

20代であれば、年収300万円でもこれからまだ頑張り次第で年収が上がっていくだろうという希望が生まれますが、40代で年収300万円を提示されてしまうと、これ以上の伸びしろはもうないのかと思い、なかなか双方に満足いく結果が得られないということがあります。

過去の経験が柔軟性を鈍らせる

40代が敬遠されてしまう理由の一つとして、過去の経験が仇となってしまうケースがあります。「以前はこのような方法でやっていた」、「前はこういったスタイルて仕事を進めていた」などと固定観念がありすぎて、新たな企業での取り組みにうまく順応できないといったことが起こりがちです。

スポンジのように会社に合ったノウハウや進め方を吸収できるような人材でないと、どうしても企業からけむたがられてしまいます。

まとめ

以上、40代の転職事情についてご紹介してきました。
ここではどちらかというとネガティブなことばかり紹介してしまいましたが、過去の経験を生かして転職すれば、全く可能性がないわけではありません。
むしろ、営業職などは経験を重視する職種ですから40代の方でも十分にチャンスがあるんでしょう。異業種への挑戦ではなく、過去の経験を生かした転職先を考慮すべきです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

3か月という短期間での新しい職場の見つけ方

あなたは短距離派ですか?長距離派ですか? 私は本来、完全なる短距離派ですが、こだわりすぎて転職活動が長期的になってしまった派です…。振り返ってみると、次に転職活動をするのであれば、期限を決めて3か月くらいで効率的に行いたい、といつも思います。

ママエージェント / 6470 view

転職先は同業種?それとも異業種?

現在の職場の退職を決意したり、目処が立って来たら、次にしなければならない重要な行動は、どこに再就職するかを決めるということに尽きます。 ここでの分かれ道は、あなたの今までの経験をどの方向に仕向けるかという事です。

jobdesk / 9008 view

本当に今の会社を辞めても大丈夫なのか?辞める前に必ずこれだけは確認しておけ

転職しよう!と決意を固めたつもりでも、いざ会社を辞めるとなると誰でも不安になる。本当に会社を辞めていいのか?それは、実際に辞めてみなければわからないことかもしれないが、できれば辞める前にリスクを確認しておきたい。

Mr.転職エージェント / 1545 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ