内定通知を出した企業の本音とは?

内定通知を出した企業は当然のことながら応募者に対して早期に返答してもらいたいと思っているはずです。
新卒者の場合は、入社までに数ヶ月、間が空くこともあるので返答を保留することができますが、転職者の場合は企業側もできるだけ早いタイミングで入社して欲しいと思っているところがほとんどです。

もし応募者がなかなか入社の意思を示さなかったり、返答を保留したままだと最悪の場合は内定取り消しということにもなりかねません。
転職者の採用ということは、だいたいが人員補充となりますから、返答がなかなか得られない応募者なられば、別の応募者を採用して早く入社させたいと考えている企業も少なくありません。
つまり、返答の保留はマイナスの印象しか与えません。

どうしても内定を保留したい場合は

面接の段階で複数社の面談予定があるということ正直に伝えておきましょう。
内定通知のタイミングによっては、他の面接先に迷惑をかけてしまうので、返答が数日遅れるかもしれないということを伝えておくと良いでしょう。

企業によっては内定通知を行ってから、1週間程度は猶予期間を与えてくれるところもあります。
企業の本音としては即決して欲しいところですが、応募者に対して敬意を払っている部分もありますので、入社日や内定承諾の日にちは多少は猶予期間をもらえるケースがあります。

「他社の企業の面接などを円滑にお断りするために少しお時間をいただきたい」ということを伝えれば、検討してくれる企業も多いはずです。

リミットは1〜2週間程度!

もし内定をもらって保留したいのであれば、せいぜい1〜2週間程度を目安に考えておいた方が良いでしょう。あまりにも引き伸ばしてしまうと、本当に入社する意欲があるのか疑われてしまい、内定取り消しとなってしまう危険性があります。

こういった事態を防ぐためには、なるべく気になっている企業が複数ある場合は、面接日をあまりずらさず同日、あるいは1日程度ずらす面接日を立てておくと良いでしょう。

それであれば大体の合否も近いうちに発表されるはずです。
また、自分の中である程度優劣をつけておいて、内定をもらったら入社する意思を明確にしておいたほうが良いです。

まとめ

以上、内定をもらったときの保留の仕方についてご紹介してきました。
こういった事例はよくあることで、そこまで長い保留期間でなければ、ある程度返事を待ってくれる企業も多くなっています。
ただ、正直に、「他の企業の内定通知を待ってから判断したい」というような直接的な発言は控えましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

耐えられる残業時間ってどれくらい?一般的な目安とは

ここでは残業時間によってどれぐらいの疲労度や苦痛があるのか検証してみました。 もちろん人によって残業が苦にならない人もいれば、体調に異変をきたしてしまう人など様々いまうs。 あくまでも一般論として紹介していくので、参考程度に留めておいてくださいね!

転職さん / 4831 view

転職サイトでチェックしたほうが良い項目とは

転職サイトに登録してそれだけで満足してしまっては転職サイトを大いに活用しているとはとても言えません。 転職サイトの使い方次第では内定を得るチャンスが拡大していきます。具体的にどんな項目をチェックして利用していけばよいかご紹介しましょう。

転職さん / 13726 view

外資系企業へ転職する場合の注意点

日系の企業に就職した人にとって、外資系企業というのはどこか不安な印象を受けると思います。どこか無機質で淡白なイメージがあるからです。では、外資系企業に転職する場合はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 9373 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ