内定通知を出した企業の本音とは?

内定通知を出した企業は当然のことながら応募者に対して早期に返答してもらいたいと思っているはずです。
新卒者の場合は、入社までに数ヶ月、間が空くこともあるので返答を保留することができますが、転職者の場合は企業側もできるだけ早いタイミングで入社して欲しいと思っているところがほとんどです。

もし応募者がなかなか入社の意思を示さなかったり、返答を保留したままだと最悪の場合は内定取り消しということにもなりかねません。
転職者の採用ということは、だいたいが人員補充となりますから、返答がなかなか得られない応募者なられば、別の応募者を採用して早く入社させたいと考えている企業も少なくありません。
つまり、返答の保留はマイナスの印象しか与えません。

どうしても内定を保留したい場合は

面接の段階で複数社の面談予定があるということ正直に伝えておきましょう。
内定通知のタイミングによっては、他の面接先に迷惑をかけてしまうので、返答が数日遅れるかもしれないということを伝えておくと良いでしょう。

企業によっては内定通知を行ってから、1週間程度は猶予期間を与えてくれるところもあります。
企業の本音としては即決して欲しいところですが、応募者に対して敬意を払っている部分もありますので、入社日や内定承諾の日にちは多少は猶予期間をもらえるケースがあります。

「他社の企業の面接などを円滑にお断りするために少しお時間をいただきたい」ということを伝えれば、検討してくれる企業も多いはずです。

リミットは1〜2週間程度!

もし内定をもらって保留したいのであれば、せいぜい1〜2週間程度を目安に考えておいた方が良いでしょう。あまりにも引き伸ばしてしまうと、本当に入社する意欲があるのか疑われてしまい、内定取り消しとなってしまう危険性があります。

こういった事態を防ぐためには、なるべく気になっている企業が複数ある場合は、面接日をあまりずらさず同日、あるいは1日程度ずらす面接日を立てておくと良いでしょう。

それであれば大体の合否も近いうちに発表されるはずです。
また、自分の中である程度優劣をつけておいて、内定をもらったら入社する意思を明確にしておいたほうが良いです。

まとめ

以上、内定をもらったときの保留の仕方についてご紹介してきました。
こういった事例はよくあることで、そこまで長い保留期間でなければ、ある程度返事を待ってくれる企業も多くなっています。
ただ、正直に、「他の企業の内定通知を待ってから判断したい」というような直接的な発言は控えましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職後に発覚した失敗、思っていたより仕事がつらかった・・・

転職の失敗は、転職後に発覚するものです。「憧れの職業についたけれど、思ったより仕事がきつかった・・・」、「聞いていたのとは違って、かなりの激務だった・・・」など、思ったより仕事がつらかったという転職者もいます。そうならないためにはどうしたらよいか、お話しましょう。

テンキンマン / 3360 view

会社が大きいほど離職率が低いってホント?

みなさんは会社の規模に応じて離職率が異なることをご存知でしょうか。 厚生労働省では従業員の人数別離職率を算出しています。どのぐらいの規模になってくると、離職率は低下していくのか検証してみましょう。転職の際、1つの参考にしてみてはいかがでしょうか。

転職さん / 3393 view

最低給与額はどんな人がなってしまうの?

よく求人広告を見ていると給与形態のところに「18万円〜」、「20万円〜」、「25万円〜」などの記載がされているケースがありますね。 「最高月収40万円」などと記載されていると変な期待を抱いてしまいますね。 ここでは最低給与額はどのように決まるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1350 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ