逆質問は自分を売り組むチャンス

面接では必ずといっていいぐらい応募者の自己PRタイムや質問の時間というのが設けられます。
そこで当たり障りのない意見や質問をしなかったりでは決して良い印象を与えません。というか印象にすら残らないでしょう。

本当に応募先企業に興味があれば、面接の時間では足りないぐらいの質問や意見が出てくるはずです。その企業についての疑問点や質問を事前にまとめておき、時間が許す限りで質問するのが良いでしょう。

具体的に何を聞けばよい?

例えば、応募先企業が取り扱っている商品の細かいパーツや素材についてといった質問はあまりにも細かすぎるので、良い質問ではありません。
面接官が必ずしも、その業務の担当というわけではありませんからね。
そういったものではなく、仕事内容や概要についての質問が良いでしょう。

例えば、

・志望している部署での仕事は何人で行うのでしょうか。

・入社までに事前に準備しておいた方が良いことや知識として身に付けておいた方が良いことがあれば教えてください。

・御社で作成している商品を実際に利用したことがあるのですが、自分だったらこうしたいというような希望もあるのですが、そのような希望が多少なりとも反映できるような職場環境なのでしょうか。

上記のような意見は、入社後のイメージをしている質問になってとても良い印象を与えます。
具体的にどのような作業なのか、どういった職場環境なのかを深く知りたいという意欲が見えます。

公式サイトに載っているような情報はNG

基本的に仕事内容や1日のスケジュール、作業工程などその現場に勤めている人しかわからないような話を聞いた方が良いでしょう。
例えば、「会社全体での従業員数は何人ですか?」という質問や、「支店はどこにあるのでしょうか?」といった質問は事前に調べればわかることです。

逆にそういった質問をしてしまうと、勉強不足と思われかねません。
あくまでも自分では知ることのできない情報を質問するのが得策です。

まとめ

以上、評価が上がる逆質問についてご紹介しました。
学びたいという意欲、知りたいという意欲を示すような質問をいくつか用意しておいて、話の流れにあわせて質問してみたり、あるいは面接の最後に質問するなどして印象を上げることが大切です。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職を繰り返す人を経営者はどう見ている?面接時の対処法とは!

転職を繰り返している人は経営者や社長にはどのように映るのでしょうか。 転職回数が多い人は両極端に分かれると言われています。一つはスキル向上型の人間、もう一つは挫折型の人間です。どちらの印象を与えるかによって転職の成功率が大きく変わってきます。

転職エージェントガール / 19523 view

【3つの処方箋】圧迫面接に対処するには?

圧迫面接は面接官があえて険悪な雰囲気を出したり、答えにくい質問を発したりしたりして就職希望者のストレス耐性やコミュニケーション能力を見る面接方法です。 近年は圧迫面接自体すくなり「都市伝説では?」という声もありますが、業界によっては慣習的に行われているところもまだまだ多いようですね。ここでは圧迫面接を上手に乗り越えるためのテクニックを解説させていただきます。参考にしてみてくださいね。

テンキンマン / 11603 view

面接は最後の印象が大事!?ピークエンド効果とは

ピークエンド効果という言葉を聞いたことがありますか? 人間は話や物語など最後の方しか記憶に残らないという理論です。ドラマを見ていたり、スポーツを見ていても最後の盛り上がるシーンしか覚えていないという人がいます。それと同様に面接でも最後の印象が面接官の記憶に残ると言われています。

転職エージェントガール / 1850 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ