ハローワークよりも転職サイトの方が企業の質が高い

全部の企業に該当するわけではありませんが、転職サイトに掲載されている企業の方が売り上げも大きく、また企業の信頼度も高いと言えます。
ハローワークはむしろ地元の企業を中心にそこまで知名度のない企業や小規模の経営を行っている会社が多くなっています。

この理由として考えられるのは、ハローワークの方は掲載料が一切掛からないということです。
そのため、企業としてもできるだけ経費を削減しながら求人募集したいと考えている企業が多く利用しています。

一方、転職サイトに掲載されているような企業は掲載料が発生し、さらに人材の仲介料も発生します。
ただ、そこまでしてもやはり良い人材を手に入れたいと考えているため、お金を掛けているわけです。

収入が良い企業が多いのは転職サイト

ハローワークよりも転職サイトに掲載されている企業の方が、平均月収や平均年収で高めに設定されている企業が多くなっています。
人材を選ぶのに、経費がかかっていますから中途半端な人材を選択しません。それゆえ内定が出た時には高収入の提示をする企業も少なくありません。

一方、ハローワークに掲載している企業はどちらかというと、そこまで多くの経費を使っている企業ではありませんから、年収もやや低くなりがちです。

サポート体制に違いが!

ハローワークの場合は、基本的に実際にハローワークに足を運んで気になった企業があった場合のみ、相談員が連絡を取ってくれて面接が成立します。
しかし、転職サイトの場合は、エージェントが全て行ってくれますので、電話やメールのみで面接日まで用意してくれます。煩わしさや手間という意味では、明らかに転職サイトの方が楽です。

また直接言いにくい給与面の相談や内定辞退などの相談もエージェントが代行してやってくれますので、精神的負担という意味では圧倒的に転職エージェントの方が少ないと言えます。

まとめ

以上、転職サイトがハローワークより優れる3つの理由についてご紹介してきました。
転職サイトの場合は、ハローワークのように混み合っている状況が生まれにくいのでプライバシーを確保しつつ、転職活動ができるというメリットもあります。
どうせ無料なら転職サイトを利用してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントの種類とその見極め方

転職活動をする上で活動のパートナーとなるのが転職エージェントです。キャリアコンサルタントと言われたり、カウンセラーと言われたり、時にはアドバイザーなどとも言われ、様々な呼び名があります。どのようなタイプがいるのかをきちんと理解しておきましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 42011 view

内定率に影響!?転職エージェントの実態とは!

ここでは転職エージェントの実態に迫ります。 実際に転職エージェントに勤めていた方の意見も聞き、内部の人間にしか分からない情報もご紹介! 決して応募者のスキルだけではなく、それ以外の要素も内定率に大きく関わってくることが判明しました。

転職さん / 5711 view

転職エージェントの裏側 -求人票の作成編-

新規開拓の営業活動が実りを結び、晴れて転職エージェントを活用してもらう企業が見つかりました。そのあとは求人票の作成に取り掛かります。実際に応募者の目に触れる求人票、具体的にどのように作成を進めていくのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 5732 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ