車の特殊免許を持っていることをアピール

物流関係の仕事に就く場合、4トン車の免許を持っていると優位に働くケースがあります。免許を持っているということを自己PRの中に織り交ぜつつアピールすると良いでしょう。

例文
私はこれまで物流関係の仕事に前職でも携わっていました。ドライバーとして5年間の実績があり、4トン車の運転も問題なく行えます。配送業務に長く携わっていたことで運転の安全性だけではなく、各地域のルートなど熟知しておりますので臨機応変に対応できる自信があります。

フォークリフトの免許を持っていることをアピール

そして、もう一つアピール材料となるのがフォークリフトの免許。
フォークリフトは商品の搬入や搬出、移動によく利用するので物流、運送、倉庫内作業などの現場では重宝されます。

例文
前職で倉庫内での製造業に携わっておりましたので、フォークリフトの資格を取得しています。
倉庫内でフォークリフトの運転を頻繁に行っていました。
特に2トンのカウンターバランスフォークリフトの運転はよく利用しておりましたので、一般的なフォークリフトは問題なく扱えるかと思います。

特に免許を所有していない場合は、過去の経験をアピール

物流業で必ずしも免許が必要なわけではありませんので、それ以外でもアピールすることは可能です。物流業に就職する場合は、倉庫内での業務も多いので製造業や運送業の経験も生きます。

例文
私は過去に倉庫内にて物流の搬入に関わる仕事を行っていました。パレットに商品を載せて崩れないように積む方法や梱包や配送に関わる倉庫管理の業務に携わっていました。
安全面に気をつけながら素早く効率良くなる方法をいつも模索して業務に取り掛かっていました。
また、現場では数人の社員やアルバイトの方に指導したり、スケジュール管理や作業工程の作成なども行ってきました。そういった過去の経験が生きると思い、応募させていただきました。

異業種の場合は関連性のあることをアピール

異業種からの挑戦でも、自分の経験をうまくアピールすれば良い印象を与えることができます。
職種別にどんな点をアピールすれば良いか見ていきましょう!

【運送会社からの転職の場合】
引越しの仕事していた人は、ルート情報、運送の能力に長けています。
そういったことを盛り込んだ自己PRにしてみましょう。

例文
前職では、運送業に従事していました。
運搬車両の点検を日々行って安全面に気を遣い、そして迅速に配達することを心がけていました。
またお客様のものを大切に取り扱い、配送することが大切な仕事でした。

物流業界でも商品一つ一つを大事に取り扱い、真心込めて配送するというのは同じ考えだと思っております。
また毎日自分が運転をして、各地域に荷物を届けていたので、交通や道路状況に関する知識は一般の方より多いと自負しております。

【警備会社からの転職の場合】
警備会社で働いていた人は、体力面に自信を持っている人が多いです。
日頃から護身術を磨いたり、トレーニングを行っている人も多いので、その点をアピールしてみてはいかがでしょう。

例文
私は警備会社に5年ほど勤めていました。
仕事は運送警備業務で現金や貴重品の運搬する仕事です。この仕事は危険を伴う仕事でもあり、常に周りを気にしながら警戒にあたっていました。

襲撃された場合に対処できるよう、日頃からウエートトレーニングなどを実施し、体を鍛えていました。
それゆえ体力に自信があります。

物流業界も立ち仕事が多く、体力面が重要と伺っております。
私はそういった環境でも問題なく、業務に従事することが可能です。

【営業職からの転職の場合】
営業職からの転職の場合、1番の売りはコミニケーション能力。
人とのふれあいに喜びを感じ、業務を全うしてきた、ということをアピールしてみましょう。

例文
私はこれまで3年間営業の仕事に邁進してきました。
営業の仕事はクライアント回りが中心で、常にお客様とのコミニケーションが必要な仕事でした。

お客様が口に出さなくても、こちらから要望や意見を伺って、より良いサービスが提供できるように心がけていました。
そういった仕事への取り組み方は、どの業界でも役立つものだと考えております。
物流業も製造、配送、販売と多岐に渡って様々な人とのつながりによって、成り立つ仕事だと思います。

そういった時に自分にコミュニケーション能力が多少なりとも役立つのではないか、と考えております。

まとめ

以上、物流関係の仕事に転職するときに使える自己PR例文をご紹介しました。
もちろん経験があるに越したことはありませんが、もし物流関連の仕事経験が全くないという方は体力面や健康面のアピールというのも十分に良いアピールになります。
どちらかというと、体力勝負となる仕事ですから、体力面でのアピールも積極的に行ってきましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

残業が多い業種、少ない業種を検証!そして年間休日が多いのは?

ここでは業種別の残業時間について検証していきます。 また年間休日の多い業種についても併せて見ていきます。 一般的なイメージでは飲食業界の残業の多さがクローズアップされています。 しかし1位は意外な業種がランクイン! その気になる業種とは・・・?

転職さん / 1910 view

転職活動は希望する業界ごとの作戦を立てて行っていこう

個人の力でハローワークに行ってハローワークの機械を使って求人票を検索して就職活動や転職活動をしたり、自宅のパソコンのあるインターネット環境から求人サイトにアクセスして求人情報を探すという方法で仕事探しをする場合も、 転職エージェントや派遣会社等を利用して就職転職活動をする場合も、どちらの方法で仕事を探すにしろ、ただ闇雲に活動を行っていけば良いというわけではありません。

転職忍者 / 865 view

大手外資系の営業職から日系の中小企業営業職への転身 -転職して大変だったこと-

次の転機を迎えたのは30歳の時です。27歳で転職した企業にも慣れ、不満もそこまではありませんでしたが、外資系で長年営業職として働く中での大変さや、プライベートな時間の確保を目指して転職しました。

ママエージェント / 1420 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ