デザイン力を生かした志望動機

Webデザイナーの中でも、コーディングよりもデザインが好きという方もいるでしょう。
その場合は実際に作ったサイトやデザインなどを見せた方が早いです。実際の作品を見せて、自分のデザイン力を御社で生かしていきたいといったアピールをしていきましょう。

企業にまつわる具体的な商品名やキャラクター名を挙げて、志望動機の例としては、
「○○のようなデザインがとても好きなので、自分もそのような職場に携われたら良いと考え応募させていただきました」などとアピールすると良いでしょう。

運営が中心の職場に応募する場合

新たなデザインを生み出すというよりも、自社で運営しているサイト運営や更新業務がメインの職場もあるでしょう。
その場合は、デザイン力よりもサイト作成や、プログラミングの知識、運営経験などが重要です。

志望動機の例としては、
「実際に御社のサイトを利用した経験があり、ぜひ自分でも携わってみたいと考えました。ネットショップの運営経験があるので、そのようなノウハウも行かせるのではと考え、応募させていただきました」などと、アピールをすると効果的です。

作成経験があるオンラインショップやソフトについて伝える

Webデザインの世界は何と言ってもスキル重視です。
実際に何が出来て、何が出来ないのかということが合否の最大のポイントです。
例えばアニメーションのFlashを使用した動画作成経験がある、コーディングの際はDreamweaverを使用した経験がある、写真加工にはPhotoshopを利用しているなど具体的なソフト名を挙げてスキルをアピールしていきます。
また、具体的なサービスの利用経験を生かした志望動機も効果的です。

志望動機の例としては、
「御社のオンラインショップはカラーミーショップを利用しているかと思います。私自身もカラーミーショップの運営業務やデザインのリニューアルに関わった経験があるので、その知識が生かせるのではないかと思い応募させていただきました。」などと、アピールをすると効果的です。

まとめ

以上、Webデザイナーとして応募する時の志望動機についてご紹介してきました。
他の職種とは違い、実際にサイトやデザインを見せた方がわかりやすいという特徴がありますので、応募して面接に臨む際は必ずURLや作成資料を忘れずに持参するようにしましょう。
実際に企業で使用されているソフトやサービスの利用経験がある方は即戦力とみなされ、大きなアピールポイントとなりますので必ず志望動機に伝えるようにしましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

未経験でも大丈夫!?医療事務の志望動機サンプル集

事務職の中で医療事務にチャレンジしたいという方もいるでしょう。一般事務と差別化してどのようなアピールをすればよいのでしょうか。内定を得るために知っておきたい志望動機サンプル集をご紹介していきましょう。

転職エージェントガール / 8514 view

転職に必要なのは「決心」すること

会社を退職したい、退職せざるを得ない、そういう思いの方がおられると思います。 しかし、そうは思っていても、一度就職した会社を退職する事はそう簡単にできるものではありません。実現するには強い決心が必要になります。

jobdesk / 4445 view

ライバルに差をつける志望動機の書き方

志望動機を書く時に抽象的な表現になってしまいがちですが、ここはライバルに差をつけるために自分の言葉で表現することを心掛けましょう。 そのためには、求人内容をしっかりと理解して自分の経験をどう活かせるのか具体的にイメージできるようにしましょう。 次にその書き方の切り口をいくつかご紹介します。

転職アタッカー / 1279 view

関連するキーワード

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ