最も外資系企業の求人数が多い転職エージェントとは

外資系企業に絞って転職を行うならリクルートエージェントがおすすめです。
リクルートエージェントは外資系企業だけに特化したサイトではありませんが、国内のほとんどの外資系企業の求人数を抱えていると言っても過言ではありません。

グローバル展開する新規事業のメンバー募集、外資系企業とつながりのある日本支部のディレクター、現地の販売代理店とのやりとりが出来るマネージメントなどが求められています。

どんな国で、どんな職種が多い?

勤務地で最も多くなっているのが東南アジアです。
国名で言うと中国、韓国、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、フィリピンなどです。
日本の製造メーカーやIT企業は東南アジアを中心に事業展開しているケースが多く、その際、語学力を求められるケースが多くなっています。

コストを縮小する理由で製造拠点を海外に移して日本からどんどん移転しているケースも増えてきています。
そこで求められるのは、現地の従業員と意思疎通を図れる英会話力、またモチベーションを上げるコミュニケーション能力も同時に必要となってきます。

職種としてはマーケティングや広告事業に関する営業職、マネジメント職などか特に多くなっています。

リクルートエージェントを利用するメリットとは

とにかく求人数が多いです。公開されている求人だけではなく、非公開求人数が業界トップともいえる10万件近い案件があるのが特徴です。もちろん外資系企業も多く含まれています。
外資系の企業は製造・販売を主とする企業が多い印象がありますが、近年では銀行や保険会社、金融会社といった企業も海外進出を図っているので、前職でそのような経験がある方にも十分に転職のチャンスがある分野です。

ただ、外資系企業での経験が無い方や浅い方は、一般的な日本の企業に転職するのと比べてちょっと不安があるかもしれません。
しかしリクルートエージェントでは英文でのレジュメの書き方から外資系企業ならではの面接対策など、キャリアコンサルタントがしっかりとアドバイスしてくれます。その点でもバックアップがしっかりとしている転職エージェントといえるでしょう。

まとめ

以上、外資系企業に転職したいと考えている方に、おすすめのエージェントをご紹介しました。
具体的な応募先というのが決まっていなくても、もちろん登録するのに問題ありません。
まずは転職エージェントに相談して、自分の考えが企業の方針と一致するようなところをエージェントと一緒に探してみてはいかがでしょうか。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

転職エージェントを利用した内定・入社までの流れとは

転職活動を行うときに専任のキャリアパートナーが在籍している転職エージェントを利用した方が自分ですべて行動起こさなくてもスムーズに転職活動が進みます。具体的にどのようなサポートをしてくれるのか流れに沿ってご紹介していきましょう。

Haruno / 73332 view

転職エージェントは途中で変更できるの?

転職エージェントの中には自分と気が合わない人もいるかもしれません。 ただ大手の企業なら代替の転職エージェントが存在しますので、変更してもらうのも可能です。 その場合は担当者ではなく、企業に連絡して変更してもらうと良いでしょう。

Haruno / 1209 view

転職しやすいのはどっち!?ハローワークと転職サイトの違いとは?

転職する際に利用する手段として挙げられるのが、ハローワークと転職サイト。 どちらも身近な存在ですが、それぞれメリット、デメリットが存在します。 転職活動を行う際はどちらを主に利用した方が良いのか詳しくみていきましょう。

Haruno / 105297 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ