Uターン転職は何割ぐらいいる?

長い間、都会で働くということに疲れてしまったという方も多いかもしれませんね。
朝のラッシュがきつい、対人関係でストレスがたまる、生活費の負担がきついなどを理由は様々。あるいは親の体調など諸事情でやむなくUターン転職を考えているという方もいるかもしれません。

厚生労働省が発表している日本の人口移動調査によると、生まれ育った地元に再び戻って生活している人が3割程度いることが分かっています。
ちなみに年代別割合で見ていくと、20代は20%を切りますが、30代以降になると30%以上に上昇していて、やはりある程度の年齢がいってから、地元に戻りたいという心境に変わっていくのでしょう。

Uターン転職の理想的な方法とは

ただ口で言うほどUターン転職は簡単なものではありません。
やはり地方は都会ほど仕事量や就職先がありませんから、それだけ転職先の求人数が減ってしまうのは否めません。

そこで行いたいことは在職中からUターン転職の情報を集め、自分以外の力も借りて転職を図ること。
例えば地元のハローワーク、フリーペーパーなどしか方法がないと考えている方もいますが、東京に居ながら地方の案件を紹介してもらうことも可能です。
転職エージェントを使えば働きながらでも地方の求人に対応して応募したり、問い合わせすることも可能です。

ただし、求人数が少ないですから、具体的に何月に戻りたいというような決め方よりも自分の希望条件に合った案件があった場合に紹介してもらって、その時期にUターン転職を検討するほうがうまくいく確率は高くなります。

地方にも支店を構える転職エージェントに登録する

転職エージェントは東京や大阪などの大都市にのみ拠点を置いているケースもありますが、地方にも支店を構えているところに登録した方が良いです。
地元との長いコネクションがある企業であれば、地方の案件も多く持っています。

有名なところではマイナビエージェント、リクルートエージェント、DODA、リージョナルキャリアなどがあります。少なくとも、自分の住む地域の案件だけで100件以上は抱えている転職エージェントが良いでしょう。

まとめ

以上、Uターン転職についてご紹介してきました。
地方によってはなかなか存在しないIT企業などもあるでしょう。しかし地元企業のホームページ制作や広告事業を展開する企業もありますので、そういった企業とのコネクションがある転職エージェントを積極的に活用しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職サイトでチェックしたほうが良い項目とは

転職サイトに登録してそれだけで満足してしまっては転職サイトを大いに活用しているとはとても言えません。 転職サイトの使い方次第では内定を得るチャンスが拡大していきます。具体的にどんな項目をチェックして利用していけばよいかご紹介しましょう。

転職さん / 13483 view

転職にハローワークを利用するという選択肢

ハローワークの存在はご存じでしょうか。転職活動の際にハローワークの求人や職業訓練を利用することも一つの手です。

ママエージェント / 1869 view

外資系企業へ転職する場合の注意点

日系の企業に就職した人にとって、外資系企業というのはどこか不安な印象を受けると思います。どこか無機質で淡白なイメージがあるからです。では、外資系企業に転職する場合はどのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 8979 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ