現在の就職先から過小評価されている

年収100万円アップが可能かどうかは現在の就職先の年収が適正ではない可能性があれば、アップする可能性もあるでしょう。
例えば、Webデザイナーと一言で言っても単純にデザインだけを担当しているのか、あるいはHTMLを組んでコーダーとしての役割も担っているのか、さらにプログラムを組んで検索画面や注文フォームの作成ができるのか、いったところでも大きくスキルに違いが出てきます。

もし、便利屋のようにいろいろやらされて、年収が他のWebデザイナーと変わらないのであれば、もっと正当な評価を受ける企業に転職すれば年収が100万円ほどアップすることも珍しくありません。

営業職での年収100万円アップ

営業職も企業によって大幅に年収アップができる可能性のある職種です。
その場合は「最低保障月給」というものをまずチェックすると良いでしょう。最低保障月給に成果給がプラスされて年間の支給額が決まってきます。

いくら歩合で頑張れば頑張るほど年収が上がる企業でも、最低保障月給が低ければ年収ベースでは大して上がってきません。最低保障月給で5万円から10万円ほどの差があるだけでも年間で50万円以上の差が出てきてしまうでしょう。

また、実例として、「入社何年目で平均年収がいくら、成果給がいくらぐらい」という目安を伝えている企業の方が将来的な年収アップが期待できると言えます。

どの分野でもプラスアルファが大事

単純に転職すれば年収100万円アップするというわけではありません。
やはり自分の強みを複数兼ね備えていて、他にはないメリットを面接時や職務経歴書で伝えられるかが重要になってきます。

前職で具体的にどのような作業をしていたのか、スキルとして非常に価値があるのものなのかどうかをアピールできるかが鍵を握っています。
例えば、「店長として店舗管理、売上管理、店員の教育、店舗のマネージメントを行っていた」などのアピール材料があれば転職で100万円アップも十分狙えるでしょう。

まとめ

以上、年収100万円アップの実態についてご紹介してきました。
営業職の場合は同じ営業の仕事でも例えば、広告の事業から不動産の事業に変わると、また一から勉強しなければいけません。
そういった意味ではうまく転職先を選ばないとほとんど未経験とみなされ、年収アップどころか微減なんてことも考えられますので、慎重に転職先を選ぶ必要があります。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

新卒採用と中途採用の大きな違いとは?

転職活動は多くの人にとってはじめての経験となります。新卒時代の就職活動は遅かれ早かれ誰もが通る道ですが、転職活動は2〜3割程度の人しか経験しないため、同僚や友人に聞けない人もいるでしょう。転職活動を新卒時代の就職活動と同じイメージで臨んでしまうと失敗することがあります。両者の違いを理解しながら、効率的に転職活動を進めましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 31110 view

残業代ちゃんともらえてる?検証べきポイントとは?

残業が多いのにイマイチ給料に反映されてない気がすると感じたら、時間外労働の割増分が払われていない可能性があります。 具体的に金額や給料の額を用いて明確な賃金について解説していきます! あなたの給料が知らない間にサービス残業になっているかも!?

転職さん / 1491 view

SPIや適性検査で不採用にならない為に、転職活動における筆記試験の対策

転職活動とはいえども、筆記試験は存在します。基本的には人物本位で経歴重視と言われるものの、筆記試験を甘く見てかかると思わぬ落とし穴にはまってしまいます。ここできちんと筆記試験の中身を把握し、適切な対策を施しましょう。

現転職エージェントの為になる話 / 4051 view

Haruno

2011年より某転職エージェントに勤務しております。
その中で感じる事を少しでも伝える事が出来れば。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ