希望給与はいくらですか?

最終面接あたりまで行くと、チラチラと給与面の話題が増えてきます。そこではっきり言いたいところですが、中には『この金額を伝えても大丈夫なのだろうか・・・』と思うこともありますね。こんな時に人材会社を通していたら良かった!と心から思いました。

『以前の(現在の)企業では○○くらい頂いているので、○○くらいは・・・』というのがよくある回答例でしょう。そして、その後担当者の反応をみてください。全く問題ないため、すぐに次の話題に移ったこともありますが、中には、電卓を目の前でたたき出した担当者もいました。そしてその後、交渉がその場で始まりました。『これくらいだったら出せるんだけどね・・・』『君の頑張り次第では入社してからもっとあげられるんだけどね』

など色々言われます。しかし、やはり始めの給与が大事なのです。そこが水準になるため、あまりにも低い場合、会社全体的に給与が低いことが想定できます。

求人に記載されていた年収と全然違うじゃないですか!

そんなことが何度かありました。待遇って最後にならないとわからないですよね。それまでの選考でそんなこと聞けるはずもなく・・・。せっかくここまで来て、面接費用など色々出したのに・・・。というか、あの求人に記載されていた参考の年収、給与って・・・?

福利厚生も重要

いくら給与がよくても、住宅手当や、残業代、更には退職金など、重要ポイントも確認しましょう。きちんとした所は面接段階で教えてくれますが、あるとないとでは大違いです。面接の際の質問で、さりげなく、遠回しに確認しましょう。また、休暇取得率なども重要なポイントですね。

入社後のボーナスは出ますか

これも企業によってまちまちです。中途採用で働くには、出るにこしたことはありません。そこのところも確認が必要です。

働くモチベーションは人によりまちまちですが、転職活動を行う中で重要視するべきものに待遇はやはり入っているでしょう。交渉であがることもありますし、ぜひ妥協せずに給与面も意識して活動を行ってください。給与アップが目的であればそれはなおさらなので、ぜひ、その場合は転職エージェントにお願いすることをお勧めします。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職理由で本音を言うべきなのか!?それとも建前にすべき?

ここでは転職理由の本音と建前に迫っていきましょう。 一般的には「さらなるスキルアップを目指したい」、「会社の将来性に不安を感じた」などの理由が上位を占めています。 ただ現実的にはもっと露骨な意見が・・・。 具体的にどういった理由があるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1760 view

現転職エージェントが紹介する実際にあった退職理由 -金融業界編-

次は金融業界に勤めていた人が実際に語った退職するまでの経緯を紹介します。一見華やかな金融業界ですが、非常に地味で真面目な業界であるということがエピソードからわかります。

現転職エージェントの為になる話 / 1116 view

転職理由のホントの理由は「休みたい」が1位?

転職をする際、様々なことがきっかけで退職に至っていますね。その中でも「もっと休みが欲しい」と考えている人が非常に多いことがわかりました。転職を図った理由TOP10の中で3つも休みに関係するものがランクイン! 転職の本音と建前に迫っていきましょう。

Haruno / 14961 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ