希望給与はいくらですか?

最終面接あたりまで行くと、チラチラと給与面の話題が増えてきます。そこではっきり言いたいところですが、中には『この金額を伝えても大丈夫なのだろうか・・・』と思うこともありますね。こんな時に人材会社を通していたら良かった!と心から思いました。

『以前の(現在の)企業では○○くらい頂いているので、○○くらいは・・・』というのがよくある回答例でしょう。そして、その後担当者の反応をみてください。全く問題ないため、すぐに次の話題に移ったこともありますが、中には、電卓を目の前でたたき出した担当者もいました。そしてその後、交渉がその場で始まりました。『これくらいだったら出せるんだけどね・・・』『君の頑張り次第では入社してからもっとあげられるんだけどね』

など色々言われます。しかし、やはり始めの給与が大事なのです。そこが水準になるため、あまりにも低い場合、会社全体的に給与が低いことが想定できます。

求人に記載されていた年収と全然違うじゃないですか!

そんなことが何度かありました。待遇って最後にならないとわからないですよね。それまでの選考でそんなこと聞けるはずもなく・・・。せっかくここまで来て、面接費用など色々出したのに・・・。というか、あの求人に記載されていた参考の年収、給与って・・・?

福利厚生も重要

いくら給与がよくても、住宅手当や、残業代、更には退職金など、重要ポイントも確認しましょう。きちんとした所は面接段階で教えてくれますが、あるとないとでは大違いです。面接の際の質問で、さりげなく、遠回しに確認しましょう。また、休暇取得率なども重要なポイントですね。

入社後のボーナスは出ますか

これも企業によってまちまちです。中途採用で働くには、出るにこしたことはありません。そこのところも確認が必要です。

働くモチベーションは人によりまちまちですが、転職活動を行う中で重要視するべきものに待遇はやはり入っているでしょう。交渉であがることもありますし、ぜひ妥協せずに給与面も意識して活動を行ってください。給与アップが目的であればそれはなおさらなので、ぜひ、その場合は転職エージェントにお願いすることをお勧めします。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職を決断する3つの理由!該当するなら即刻転職すべし!

自分の勤めている会社が「本当に自分に合っているのか」と迷ってしまうことがありますね。 ただ転職先が必ずしも自分にとって今以上に良い環境になるとは限りません。 「こんなことなら転職しなきゃよかった・・・」と感じてしまう人も。 ここでは転職を決断する時に考慮したい3つの理由を紹介します!

Haruno / 619 view

永遠のテーマ〜大手で歯車VSベンチャーで主役

就職活動をしていると大手企業の人気の高さを感じることになります。しかし、反骨心のある人にとってはベンチャー企業に魅力を感じるものです。ところで、一般的に言われる「大手企業に入社すると歯車になって仕事がつまらない、ベンチャー企業に入ると即戦力として成長できる」というもんは本当なのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 1208 view

ネガティブな退職理由を劇的に変えちゃう裏技とは!?

転職する際、面接で前職の退職理由を聞かれる時があります。 この質問は結構困るんですよね。なぜならネガティブなものが多いから。 「自分の可能性を試したい!」なんてほとんど嘘。 本当は「前の会社がただ嫌だったから」という人が大半なんです。それを劇的に良い言い訳にする方法を教えましょう!

転職さん / 3388 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ