スーツ

基本は黒か紺、グレーなどのシンプルなデザインのスーツを選びましょう。白やピンクなどの明るすぎる色は避けましょう。ジャケットのボタンは必ず留めます。二つボタンなら上だけを、三つボタンなら真ん中だけを留めましょう。普段ボタンを留めてない人は、きちんと留められるか確認しておいた方がいいかもしれませんね。ジャケットの袖は親指の付け根くらいの長さのものを選びましょう。スカートは膝丈のものにします。膝の真ん中から少し上に裾がくるスカートが、一番綺麗に見えると言われています。
女性の場合、男性と違って必ず上下をセットで買う必要はありません。そのため、バーゲンなどでシンプルなジャケットやスカートが安く手に入れば、それらを組み合わせることで何通りにも使う事ができます。

もちろん、キャリアアップやエグゼクティブの転職の場合は、お金に糸目をつけずに良いスーツを購入する事も必要です。イケてるスーツは「できる女」を演出します。転職後も使う事ができるので、良いものならば買って損は無いでしょう。
前提として、一番大事な事は「自分に似合っている事」、そして「転職先の職場に合わせる事」です。

自分の体のサイズに合ったスーツを選ぶことももちろん必要ですが、自分に似合ったスーツを着こなすことも大事です。きりっとスーツを着こなすことで、仕事が出来る感が2割増しくらいになるはずです。

また、転職先で営業担当を希望なのにヨレヨレスーツを着て行ったり、逆に普通の事務職なのにゴージャスなキラキラスーツを着て行ったりしても、あまり印象は良くありませんよね。TPOに合わせた身だしなみが出来ない人は、仕事が出来ない人とみなされても仕方がありません。

インナー

黒や紺のスーツに白いシャツでは、完全にリクルートスーツになってしまいます。そうならないためにも、シンプルなデザインのカットソーやフリルが控えめにあしらわれているブラウスなどを使うとよいでしょう。
ただし、派手すぎる大きなフリルやリボンが使われているものは避けましょう。色は淡い色ならば白でなくても問題ありません。スーツやスカートに合わせて大人なコーディネートを心がけましょう。
意外とやってしまいがちなのが、インナーの下に下着が透けてしまう事です。肌色のキャミソールなどを必ず着用しましょう。
シンプルなデザインのブラウスやカットソーは、何かと使う事ができます。良いものを買えば長く使う事も出来ます。普段スーツで仕事をしないと言う人も、冠婚葬祭や入学式などの行事ごとで必ず使う日がきますから、この機会に良いものを買ってしまっても良いかもしれませんね。

普段のスーツとは違い、転職面接の場合は色々と注意すべき事がありましたが、大丈夫でしたか?家に使えるアイテムが眠っているかもしれませんから、いきなり買ってしまわずに一度クローゼットをチェックしてみることをおすすめします。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

面接で回答に困る質問への対処策

企業によっては面接の中でわざと意地の悪い質問をして応募者の返答内容を確認するケースがあります。一般的に、大学生の就職面接と比較して少ないとは言われますが、人気のある企業になるにつれてフィルタリングするために使われることがあります。そんなときの対処策を解説します。

現転職エージェントの為になる話 / 17873 view

転職の面接で間違いなく聞かれる質問とは

企業が面接をする目的は、一緒に働きたいと思える人材を見つけることです。 一緒に働きたい人材には、能力が高い、会社の風土に合いそう、人柄が良いなどの理由がありますが、どんな人を選ぶかは会社によっても違いますし、面接官によっても違います。 ただ、欲しい人材を見極めるために聞く質問は、基本的には同じです。

転職アタッカー / 1063 view

転職面接の身だしなみチェック~男性NG編~

転職面接で「こうすべき」という身だしなみについてお話してきましたが、逆に「こうすべきではない!」というNGな部分についてもお話しします。

転職SE / 1163 view

関連するキーワード

転職SE

3度の転職を経験し、ようやく自分に合った会社を見つけれたSEです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ