まずは自分年表の作成から始めよう

アピールポイントが無い場合でも、自分のことを最低限説明できるようになっていなくてはなりません。これまでいつ、どのような環境で仕事をしてきたかを棚卸してみましょう。その際に、自分の役割と果たした成果(会社や顧客に対して貢献したこと)も同時に表すのです。これが自分の強みを見つけ出すための第1歩です。

アピールするのは実績なのか?それとも能力なのか?

例えばエンジニア(技術職)のキャリアがある人を例にとります。ITスキル、建設スキル、コンサルテーションといっても、なかなか他の人との差別化ポイントの発見は難しいものです。資格を保有していたり、講演や書籍による知名度でアピールすることができればよいのですが、一般的には困難でしょう。実は、この場合、仕事のプロセスをアピールするのです。

たとえば、「トップダウンで仕事を任されたが、自分のスキルだけでは遂行できないと判断したことから他の部署の人を巻き込みながら、エンジニアとしてメンバーをけん引してスケジュール通り完遂することができた」というようなことです。自分にはコミュニケーション力があり、実際にそれを仕事の中で活用できているということが伝わります。つまり、億単位の実績でも、他を凌駕する能力のどちらでもないのです。

それでもアピールすることが無い人のテクニック

何も見つからない人にとって、共通的に通用するアピールポイントはずばり「学習意欲」です。現場のマネージャーは、即戦力になってほしいと思っています。けれども、前職の経験がストレートに通用するとも思っていません。ですから、新しい職場に上手く順応して、風土や文化を確実に吸収しながら、仕事をできる限りスピーディーに習得してほしいのです。その際、自主的に学ぶことが得意でなければ成り立ちません。誰かに言われてから動く性質だったり、マニュアルに沿った行動しかできないようであればNGです。自分で考え、咀嚼して、それを確認したり、相談したり、連絡したりしながら周りとコミュニケーションを取れる人が現場では求められます。失敗を糧にできる人材をであることをアピールできれば、人材が不足している企業では採用の可能性が高まるのです。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

【どうやって進める?】自己分析の効果的な行い方

就職活動で2つの難関といえば「志望動機」と「自己分析」の2つではないでしょうか。志望動機は会社に入ってからどのようなことをやれば良いのかといったことを考えていけば良いですが、自己分析については「何からどう始めたら良いのかわからない・・・」という方も多いようです。 ここでは自己分析の具体的な行い方について紹介していきたいと思います。

テンキンマン / 1360 view

転職成功に欠かせない自己分析とは

転職活動をスタートさせるにあたって何をしたらいいのかわからないという方がいますが、一番にやるべきことは自己分析です。 この自己分析がきちんとできていないと転職活動がうまくいかずに行き詰ってくる可能性が高くなります。 ここでは、転職成功に欠かせない自己分析についてご紹介します。

転職アタッカー / 870 view

就活で必要だった「自己分析」転職活動にも必要??

大学生の就職活動の頃、嫌になるほど聞いた言葉、『自己分析』その際はその頃なりに一生懸命に自己分析して、学生時代の経験、友人から見た自分などを伝えてきました。 それから数年、もしくは数十年、あなたはまた新たなステージを目指し動き出しています。 その際に自己分析は果たして必要なのでしょうか?そしてその方法とは?

ママエージェント / 12546 view

関連するキーワード

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ