1.転職エージェントからなかなか応募者を紹介されない

これは知名度といってもよいかもしれませんが、力のない企業には本当に応募者が集まりません。転職エージェントも紹介したいのは山々ですが、応募者がいないことにはどうしようもありません。

逆に応募者は注意しなければなりません。転職というのはお見合いのようなものと言われます。応募者が企業に入社したいという気持ちに対して、企業側が風土にマッチしていないと感じれば、いくら能力が高い人材であっても内定は出さないのが普通です。

ところが、売り手市場でようやく応募してきた人を逃してしまうと、次にいつ来るかわからないという不安感を持っている企業はハードルを下げて、フィットしていない人材でも内定を出してしまうのです。

このように、フィットしていない状態で入社が決まってしまうのは双方にとって不幸なことです。ですから、応募する側も売り手市場の場合は企業の風土や文化を質問してみるとよいでしょう。

2.面接官は非常に忙しい

年間の業務計画を立案する際に、人事部門と現場部門ではその内容が異なってきます。人事部門は優秀な人材を確保することがミッションそのものなのに対して、現場部門にそのようなミッションはありません。
むしろ、優秀な人材をいかに戦力化して成果を出すかがミッションです。つまり、採用面接の実施などを業務時間として計画していないのです。

ところが、面接というものはその準備も含めて非常に時間を要するものです。普段の業務にプラスして実施するわけですから、実際はバタバタするものなのです。準備万端で面接に出られる人など皆無です。ですから、過度な緊張をする必要はありません。普段の自分を出して落ち着いて率直にアピールすることを心がけましょう。

3.企業が一番恐れているのは入社直後の退職

企業の採用試験を受ける側からすると最も失礼なことは、内定を辞退することと思いがちです。面接で熱心なアピールをして第1志望であることを伝えたにもかかわらず、内定を辞退してほかの企業に入社するというのことに申し訳なく思うことでしょう。

ところが、内定辞退はよくあることですので、企業側は「残念」くらいにしか思っていません。採用コストを転職エージェントに支払って、しかも入社手続きをして現場配属前の研修を受けた直後に「やっぱり違う」と思われることをもっとも恐れています。これが意外かもしれませんが偽らざる本音です。ですから、入社は不退転の決意と覚悟を持って行ってください

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

詳しい転職エージェントの詳細はこちら >

関連するまとめ

面接に挑む前に再度持ち物を確認しよう

働きたい企業の面接に突破するためにはしっかりと準備を行っておく必要があります。面接時の持ち物は前日までに準備を行っておき当日に慌てることがないようにしておきましょう。 必要なものを忘れてしまったら落とされてしまうこともあります。

転職忍者 / 1007 view

面接時にやってはいけない5つのこととは!?

面接時の振る舞いや言動で印象を悪くして落ちてしまうということもよくあります。それは面接官との面談だけでなく面接が始まる前や終わった後も実は影響しています。 ここでは面接時にやってはいけない5つのことをご紹介します。

Haruno / 18210 view

一次面接で社長が対応することってあるの?

面接の際、いきなり社長が出てきて面接をするケースもあります。 これは決して珍しい事ではなく中小企業などではよくある光景です。 社長がいきなり面接対応をするときはどんな準備が必要なのか、また二次面接のときは誰が担当者となるのか見ていきましょう。

転職さん / 26771 view

現転職エージェントの為になる話

現役転職エージェント。
これから転職をされる皆様に、お教え出来る事を包み隠さず全てお話します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

必ず登録しておきたい転職サイト

転職者なら必須のサイトはこちら

転職サイト特集はこちら >

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ