アジアでは日本人向け求人がたくさん存在する!

シンガポールや中国、その他アジアには日系企業の進出が多く、それに伴い人材会社もたくさんあります。求められているのは日本での職務経験がある人が望ましいようです。
現地の言葉が完全に話せない場合でも、英語がある程度話せるのであれば(このある程度は企業や国により大きく異なるようですが)まずは人材会社へ登録してみましょう。

その国へ行くこと

日本で登録して活動をすることも不可能ではありません。スカイプで面接をしたり、日本にある本社の担当者と日本で面接することも出来ます。
しかし、多くの企業や人材会社は、まずは現地にきてほしい、と思っています。
やはり現地に来てみて、肌で感じること。直接担当者とお会いして話を聞くことが何より重要でしょう。そして何より、あなた自身が、働いてこんなはずではなかった!とならないためにもおすすめします。

待遇面って??

待遇面はそこまで悪くないことが多いようです。現地採用のため、日本からの駐在員のような、日本と全く同じ給与や保険、年金なども含むことは難しいですが、現地で働く基本的な給与よりはかなり高いケースが多いようです。
そのため、物価の安い国であればかなりの貯金をすることが出来たり、娯楽に回すことも出来ますね。

キャリアって

現地採用で現地で働く中で、運よく本社採用になった、という話を聞いたことがありますが、それは本当に珍しいケースです。基本的には、現地採用は現地採用のままのため、日本からの駐在員とは大きく異なります。キャリアもその国でずっと働きたい、と思った場合だと問題ないですが、そのまま日本帰国の道はなかなかめぐっては来ないでしょう。

しかし、海外で経験したことを武器に、日本で転職活動をして外資系やその国に力を入れている企業に転職することも可能ですし、現地で他の良い企業に転職することなど、道は色々あります。その際、日本国内で転職活動は年齢制限がありますが、海外ではあまり年齢に左右されないということも大きな魅力でしょう。

いかがでしょうか。海外でもし働きたい、英語力をつけたい、と考えていたのであればこんな道もあることを知っていて欲しいです。そして、海外では日本の若者が結構働いています。あなたのキャリアにプラスとなるようだったらぜひチャレンジしてみてください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

1週間の労働時間が60時間を超えるのは普通なのか?

ここでは1週間の労働時間が60時間を超えるのは日常的によくあるのか検証していきます。 週5勤務だと1週間で40時間が本来の労働時間。 しかしそれを20時間も超えてしまうのは過酷と言わざる得ません。 そういったケースがどれくらい頻発しているのか検証していきます。

キャリアエージェント / 3320 view

最低給与額はどんな人がなってしまうの?

よく求人広告を見ていると給与形態のところに「18万円〜」、「20万円〜」、「25万円〜」などの記載がされているケースがありますね。 「最高月収40万円」などと記載されていると変な期待を抱いてしまいますね。 ここでは最低給与額はどのように決まるのか詳しく見ていきましょう。

転職さん / 1514 view

やりたい仕事を目指して転職して後悔したこと

夢があるということは大変素晴らしいことだと思います。わたしもやりたい仕事があり、その仕事に向かって転職活動をした経験があります。 その際は、やりたい仕事でどんな条件でも構わない、経験を積むことが出来ればそれで良いと思って活動をしました。しかし、現状はやはりきついところもありました。

ママエージェント / 9513 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職エージェント・転職サイト特集

転職エージェントって何?という方はこちら!転職エージェント・転職サイト特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ