アジアでは日本人向け求人がたくさん存在する!

シンガポールや中国、その他アジアには日系企業の進出が多く、それに伴い人材会社もたくさんあります。求められているのは日本での職務経験がある人が望ましいようです。
現地の言葉が完全に話せない場合でも、英語がある程度話せるのであれば(このある程度は企業や国により大きく異なるようですが)まずは人材会社へ登録してみましょう。

その国へ行くこと

日本で登録して活動をすることも不可能ではありません。スカイプで面接をしたり、日本にある本社の担当者と日本で面接することも出来ます。
しかし、多くの企業や人材会社は、まずは現地にきてほしい、と思っています。
やはり現地に来てみて、肌で感じること。直接担当者とお会いして話を聞くことが何より重要でしょう。そして何より、あなた自身が、働いてこんなはずではなかった!とならないためにもおすすめします。

待遇面って??

待遇面はそこまで悪くないことが多いようです。現地採用のため、日本からの駐在員のような、日本と全く同じ給与や保険、年金なども含むことは難しいですが、現地で働く基本的な給与よりはかなり高いケースが多いようです。
そのため、物価の安い国であればかなりの貯金をすることが出来たり、娯楽に回すことも出来ますね。

キャリアって

現地採用で現地で働く中で、運よく本社採用になった、という話を聞いたことがありますが、それは本当に珍しいケースです。基本的には、現地採用は現地採用のままのため、日本からの駐在員とは大きく異なります。キャリアもその国でずっと働きたい、と思った場合だと問題ないですが、そのまま日本帰国の道はなかなかめぐっては来ないでしょう。

しかし、海外で経験したことを武器に、日本で転職活動をして外資系やその国に力を入れている企業に転職することも可能ですし、現地で他の良い企業に転職することなど、道は色々あります。その際、日本国内で転職活動は年齢制限がありますが、海外ではあまり年齢に左右されないということも大きな魅力でしょう。

いかがでしょうか。海外でもし働きたい、英語力をつけたい、と考えていたのであればこんな道もあることを知っていて欲しいです。そして、海外では日本の若者が結構働いています。あなたのキャリアにプラスとなるようだったらぜひチャレンジしてみてください。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職活動における本音と建前

転職活動を開始するきっかけというものは10人いれば10通り存在するものですが、意外にもネガティブなものが多いものです。 インターネットに掲載されている転職体験記の類は、どれも転職成功者が後から振り返っているものであることから、どれも美しい話のように思えてしまいます。しかし、実際のところ本当にそうなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 40176 view

フリーターからの転職は最低賃金を確認せよ!

フリーターからの転職となると、なかなか内定をもらうだけでも一苦労ですね。 そんな時、ひょっとしたら足元を見られて最低賃金が守られていない可能性もあるかもしれません。 最低賃金制度を理解し、自分の給料がそれに該当していないかチェックしましょう。

転職エージェントガール / 1381 view

みんな転職は何歳ぐらいで考え始めるの?

現在勤めている会社に今後も努めるべきなのか、あるいは転職をしてさらに良い職場があるのではないかと考え始める方もいるでしょう。そのような転職の考えを持つのは、何歳ぐらいが多いのか調べてみました。

Haruno / 1300 view

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職を迷っている全ての方に送る。するかしないかはこれを読んでから判断しよう!

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ