メールで内定連絡がきた

これは嬉しいものです。でも次の瞬間、どうしよう?と迷ってしまう経験がありました。面接では内定をゴールとして進んできたが、少し引っかかるポイントがある。給与が思ったよりも少ない・・・。

辛い転職活動を振り返ると

もう転職活動はしたくない、このままここで働こう!そう思って決める方も多いでしょう。どこかで決めなくてはいけません。この内定を断れば次はあるのかないのか。
そんな時、確かな目を持った人に相談してください。確かなアドバイスであなたを救ってくれることがあります。

どちらの企業へ行くべきか

A社とB社、まったく異なる企業から内定をもらった場合、何を重視して決めますか?
もちろん人によって異なるのですが、初心に戻り、あなたが大切にしていたこと、求めることを重視して決めてください。そこで働く人たちとこれからあなたは肩を並べて働くことになります。彼らは仲間であり、かつライバルとなるのです。

まだ他社を選考中

あまり時期が離れていると違いますが、ある程度は他の面接の結果を待ってくれます。その際は、○日までには、他の選考の結果が出るので、その上で考えたい、ということをきちんと伝えましょう。そして、あまりにも急かすような企業であればそれはお勧めできる企業ではありません。

返信は慎重に

内定の連絡をいただいたら、まずは早めに返信をしましょう。例えすぐに答えが出来ない場合も、その旨を告げ、○日までに返信をする、というその回答が重要なのです。
担当者やその社の人たちとは、今後どこで縁があるのか分かりません。また、面接を通してあなたを評価してくれた人たちです。どうか、その人たちを失望させるような対応ではなく、『間違いのなかった』と思われるような対応を心がけたいです。

転職エージェントは辞退はあまり勧めない

転職エージェントはもちろん、内定が決まった場合はぜひその企業へ入って欲しい、と思っています。辞退をどうしてもするのであれば、転職エージェントの面子にも関わるので、担当者へすぐに知らせましょう。また、気になる点や不安な点があれば転職エージェントを通して確認しましょう。

わたしは辞退する直前まで悩みました。そして辞退した後もこれで良かったのか、とずっと悩みました。しかし、もう決断したら後悔せずに進むしかないのです。この決断力は大切ですよね。
面接中は、内定のことばかりを考えがちですが、最終的に迷わないためにも、しっかりと先を見越して、質問やチェックをしていきたいですね。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職活動における本音と建前

転職活動を開始するきっかけというものは10人いれば10通り存在するものですが、意外にもネガティブなものが多いものです。 インターネットに掲載されている転職体験記の類は、どれも転職成功者が後から振り返っているものであることから、どれも美しい話のように思えてしまいます。しかし、実際のところ本当にそうなのでしょうか?

現転職エージェントの為になる話 / 39907 view

産休・育休制度がしっかりしている職種とは?

「将来子供が欲しい」、「育児の時間が欲しい」と考えている人は産休・育休制度がしっかりしているところで働きたいと考えているはずです。 日本でも徐々に理解が進んでいますが、それでも制度がしっかりしていないのが現状。 ここでは転職をする際にどの職種が産休・育休を取れるのか調べてみました。

Haruno / 9637 view

転職のチャンス!?有効求人倍率が上昇傾向に!

近年、景気回復が叫ばれていて2009年を最後に有効求人倍率が回復傾向にあります。 有効求人倍率は高ければ高いほど応募者にとって有利な状況を示す割合。 悪い時は0.5倍の水準になっていた時期もありましたが、今は1.24倍まで回復しています。 有効求人倍率について詳しく見ていきましょう!

転職さん / 2607 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ