もし内定がでたらどうしますか?

『いま現在何社受けていますか?』『こちらの志望度はどのくらいですか?』

この質問は最終面接ではほぼ聞かれます。その際、他に受けているところがあれば正直に伝えましょう。ただ、その際に全く異なる業界、ポジションも受けている、ということは決して言わないこと。ここまで好印象だったあなたのイメージが大きく崩れてしまいます。なぜこの仕事に募集してきたのか、という点はとても重要なものなのです。

実際は、いくつかことなるポジションや業種を受けていることもあるかもしれませんが、それはあまり口にしない方が良いですね。

また、『こちら第一志望です』と胸をはって伝えられるものなら全く問題ないですが、志望順位が低いものの場合でも、そのまま伝えることはNGです。絶対に入社する、とは伝えなくても、志望度が高いということを伝えておきましょう。
わたしは、第一志望ではないのに、第一志望と言ってしまい、結局内定が出たあと断る際に大変苦労しました。相手も人間でありこの先何等かの付き合いが発生するかもしれません。正直すぎることはよくありませんが、『もう1社志望度の高い企業はありますが』など、やんわりと伝えることをお勧めします。

希望収入、条件はありますか?

高すぎても低すぎてもいけないこの条件。受けている企業の限界を予測しながら、慎重に回答しましょう。最終的に通知を受け取ってから、条件を変更して頂くことは大変です。
以前、面接での印象をよくしたい、と思うがあまりに、低姿勢、謙虚に、ひかえめに伝えて内定を頂いたことがあります。でも、給料や待遇ってすごく重要なんですよね。とくに働く上でのモチベーションのためには。
希望はきちんとはっきりと伝えることがお互いにハッピーになれるために重要です。

待ちに待った内定。それはうれしい反面、待遇などの記載もあり、『えー!こんなに低い金額!!』などとショックを受けることもあるかもしれません。せっかく頑張ったのにこんな金額では前の職場の方が良い。とならないためにも、主張するところは主張しましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

転職面接の身だしなみチェック~男性NG編~

転職面接で「こうすべき」という身だしなみについてお話してきましたが、逆に「こうすべきではない!」というNGな部分についてもお話しします。

転職SE / 1668 view

転職面接マナーチェック~話し方編~

面接では話し方はとても重要です。癖のある話し方をする人は、面接官によっては「あ、この話し方はもうダメだわ」とそれだけで落とされてしまうこともあるのです。人と話す際に、意外とマナーが悪い人はたくさんいます。一度自分の話し方をチェックしてみてください。

転職SE / 10095 view

これを聞けば印象アップ!評価が上がる面接時の逆質問とは!?

面接では質問される時間で大半を占めます。 しかし、最終的にこちらから質問する場面や意見を述べる場面というのも存在します。 そこでいかに自分からやる気を見せるための質問をするかが、合否の大きなカギを握っています。 ここでは評価がアップする逆質問についてご紹介しましょう。

Haruno / 12730 view

関連するキーワード

ママエージェント

私が経験した転職の経験が、少しでもお役に立てればと思います。
現在は働きながら1児の母をしています♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

避けて通れない自己分析とその対策

乗り越えろ、自己分析という名の壁

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ