基本的な業務をこなす能力があるか

1次面接においては、業務を任せられるかどうかが重要視されます。現場レベルでは極力教える手間を省ける人材を求めています。
つまり、即戦力かどうかということです。これをふまえた上で、自分の経験してきた業務内容とその中でも特にこれは誰にも負けないというポイントを整理しておきましょう。
その際に大事なポイントは、どのような職務経験が求められているかということです。これは、同じ職種の求人でも会社の人員配置などの状況によって変わってきます。

例えば、ベテランはしっかり揃っているので若手を採用して将来に向けて育てていきたい場合もあれば、急募などの求人によく見られるように欠員補充で経験者であれば比較的幅広い層の人材をターゲットにしている場合など会社によってさまざまです。
企業が求めるポイントを理解し、自己PRへとつなげることが重要です。

一緒に働きたいと思えるかどうか

どんなに業務スキルや経験などが優れていても、一緒に働きたいと思われなければ採用されません。配属部署の中で人間関係をうまく築いていけそうか、どれだけ成長して会社に貢献してくれるか、このポイントがイメージできる方が求められています。

特に、人間関係についてコミュニケーションスキルなどとよく言われますが、どこの会社においても重要視されます。
協調性を持って複数人または複数の部署と連携しながら業務をやり遂げた事例などをアピールすると面接官も良い印象を持ってくれるはずです。この際に、複数の人との連携の仕方で気を付けたポイントなどもアピールすることができればさらに好印象につながります。
ここで重要なのは優秀であれば一緒に働きたいというわけではないということです。

上記2つのポイントを自己PRとして伝えるためにまずやるべきことは、自己分析です。

自己分析とは性格分析ではなく、自分がこれまでやってきたことを順番に整理して自分で理解することです。他人のことはここが良くない、もっとこうしたらいいのになどとよく見えるのですが、いざ自分のこととなると視野がせまくなってしまいがちです。
しっかりと自己分析をして自分の武器、弱点などを認識することで面接突破へとつながる自己PRができるようになります。

なかなか自分のことがわからないという人は、身近な友人などに自分のことを聞いてみましょう。難しいことを聞く必要はありません。良い所や悪い所ということでなくても自分の特徴みたいなものでもかまいません。
例えば、メールの返信がとても早いなどでもOKです。その特徴をつなぎ合わせていくことで見えてくるものがあります。
まずは、自分を知ることから始めましょう。

自分に合った転職エージェントを探す

このサイトから登録されている転職エージェントランキング

登録すべき転職エージェント一覧はこちら >

関連するまとめ

なぜ当社を選びましたか?面接で必ず聞かれる質問への答え方

転職での面接において「なぜ当社を選びましたか?」という質問は退職・転職理由と並んで最も多い質問の1つです。この質問に対して答える上ではいくつかポイントとなる部分があります。この定番の質問に対してほかの志願者に差をつける答え方を伝授します。

現転職エージェントの為になる話 / 9126 view

一次面接はふるいに落とす質問が盛りだくさん!?

一次面接を実施している企業は誰か良い人を探そうというより、まずは絞り込もうという意識が働いています。 そんな時に応募者の意思や状況を確かめる質問を投げかけてふるいにかけています。 具体的に一次面接ではどんな質問が多いのか見ていきましょう。

転職さん / 9449 view

面接が2回以上ある場合、質問内容はどう変わるの?

企業によっては面接が2回行われるケースがあります。二次面接、最終面接などと面接を分けることで質問が多少変わってきます。 1回目は人事の人が人柄や経歴などの審査をするために面接を行い、2回目以降に役員が面接官となり、3回目以降に代表取締役社長が面接を行うというのが一般的です。

転職エージェントガール / 2992 view

関連するキーワード

転職アタッカー

転職を色んな角度から切り込んでいきます!!!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング一覧

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

転職面接で完全突破を目指す!!面接特集

プレミアムユーザーまとめ

会員登録すると読めるよ